体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【『世界から猫が消えたなら』著者 川村元気氏の仕事論】「あれっ」という違和感。それがアイディアの芽になる

f:id:k_kushida:20160518115030j:plain

川村元気(かわむら・げんき)

1979年、横浜生まれ。 上智大学文学部新聞学科卒業後、映画プロデューサーとして『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『バクマン。』などの映画を製作。2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年には初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。120万部突破の大ベストセラーとなり、佐藤健、宮﨑あおい出演で映画化、2016年5月14日より東宝系で公開。近著にハリウッドの巨匠たちとの空想企画会議を収録した『超企画会議』(KADOKAWA刊)などがある。

映画『告白』『悪人』『モテキ』など、

数多くのヒット作を手掛ける

映画プロデューサーである。

また、初めて書いた小説

『世界から猫が消えたなら』が

120万部を突破するなど、

多方面で活躍。なぜ川村氏は、

ヒットを出し続けられるのか?

過去の方程式は使えない。だから今の“違和感”を大事にする

よく「ヒットの方程式は何ですか」と聞かれるのですが、そんなものはないんです。大衆の心は魚影みたいなもので、すぐにどこかに行ってしまう。そのため過去の方程式は全く使えないんです。ただ、自分も魚影の一部なんです。自分も大衆の一人。だから自分が「あれっ」と思ったこと、つまり“違和感”をすごく大事にしています。

例えば、2016年4月に『理系に学ぶ。』という本を出したんですが、それもきっかけは「あれっ」と思ったことから。ある日、自伝映画の主人公がいつのまにか理系ばかりになっていることに気づいたんです。映画の主人公といったら音楽家や作家、政治家が定番だったのに、いつの間にか、マーク・ザッカーバーグやホーキング博士、スティーブ・ジョブズといった理系に変わっていた。映画の主人公になるということは、世界の主人公でもあるということだと僕は思っています。なので、これは理系の時代がくるぞと。

実はそう感じたのは2年前なんです。まだそのころは、人工知能もこんなに騒がれてなかったし、大学は理系だけでいい、なんて議論をされることもなかった。でも、“自分の中に生まれた違和感は掘り下げてみる”というモットーに従って、理系の人たちとの対話を始めたんです。2年間にわたるその連載がまとまって本になったのが、2016年の4月。そしたらちょうど世の中で「理系ブーム」が起こっていたんです。

アンテナを張るのではなくて、自分の心の声を聞く

これまでの映画や小説づくりも、きっかけは何でもない気づきなんです。「あれっ、なんか変だ」というくらいのもの。でもその「あれっ」を大事にして掘り下げて、映画なり本なり何かの形にしていくと、ちょうどそれができ上がる2年後くらいに、世の中に大きなムーブメントが起きることがある。自分が「あれっ」と思うことは、自分以外の多くの人たちもなんとなく感じていて、それが世の中のムーブメントとして出てくるまでに2年ほど時間がかかるということかなと思っています。

狙ったところに針を落とすのではなくて、自分が「あれっ」と思ったことを大事に育てていく、という感じでしょうか。多くの人がなんとなく感じていて、でも口に出していないことを大きな声ではっきりと言う。そしてみんなに「わたしもそう思っていた!」と賛同してもらうのが僕のつくりかたなんです。

だから、どんな企画も自分が観たい映画、読みたい本、知りたいことから始めます。ただし、みんなが言い出してからでは遅いと思っています。すこしだけ早く、「あれっ」に気付くことが大事なのではと。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。