ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボーナス前に狙うべき家電は縦型洗濯機、オーブン、炊飯器

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 家電は新製品が毎年発表されるので、新旧製品が入れ替わる時期に旧モデルが一斉に安くなる。All About「家電」ガイドで、家電コーディネーターの戸井田園子さんは「機能や性能に納得できるなら、安くなった旧製品が狙い目」だと言う。

「家電の場合、革新的な技術が登場するのが3~4年に1度。つまり前年モデルと画期的には変わらない新製品も多い。変わっていても、それが自分にとって必要ない機能なら旧製品で充分。新旧両方が購入できる時期なので、よく比べてみましょう。

 また、最新製品の下位モデルを買うなら、去年の最上位モデルを狙ったほうがいい。機能面が優れている上に、最新の下位モデルより安いこともあります」(戸井田さん)

 特に、ボーナスが出る直前の5月末から6月にかけて狙うべき家電がある。縦型洗濯乾燥機、オーブンレンジ、炊飯器だ。「いずれも7月までに新製品が発売、または発表されて安くなるから」と戸井田さん。メーカーが「新製品が出る」と告知すると、店頭予約がスタートする。すると、量販店は既存製品の在庫を残したくないので、店頭価格が下がり始めるのだ。

「夏は活動的になるので洗濯物が増え、洗浄力重視の縦型の新製品が出ます。オーブンレンジは運動会や遠足、クリスマスや年末年始といったイベントが続く秋冬に需要が高まるのですが、早めのタイミングで新製品が出ます」(戸井田さん)

 家電コンシェルジュの神原サリーさんは「炊飯器こそ、今」と言う。

「新米の時期になると新モデルが出揃いますが、価格も上がってきます。今がいちばん底値かもしれません。それにここ数年で炊飯器はかなり進歩したので、5年以上買い替えていない人はおすすめです。去年の製品でも充分な性能を備えています」

 また、戸井田さんは場所をとらないのが魅力のスティッククリーナーもこの時期おすすめする。

「昨年、多くのメーカーが参入したので、今年の新製品は大きな進化がない傾向です。昨年のモデルは、うまくいけば発売当初の半額(または新製品の半額)で買えるのでおトクです」

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
5月に買うとお得な家電 特に炊飯器、洗濯機は狙い目
家電量販店攻略法 「値段が変わる水曜日の夕方に行け」
家電専門家 2015年アシストやおまかせの家電が増えると予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。