ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK女性解説委員 携帯でいつでも安倍首相に話聞ける関係

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 目まぐるしい政局の動きをめぐってマスコミ各社はしのぎを削っているが、そうした政治報道の裏側を知るベテラン政治家や政治記者の目を通してみると各社の現在の立ち位置が見えてくる。

 自民党ベテラン議員によれば、永田町では、産経が書くのは官邸の観測気球的な記事が多いため、同じ政権寄りメディアでも、確度は産経が書いた段階では△、読売が書けば〇、NHKが打てば◎だとみられているという。

 ライバルの政治部記者たちから「一番おいしいところをさらっていく」と羨ましがられるのがNHKだ。

 政治報道で最も重要なのは情報の裏付け取材。その点、安倍氏が小泉内閣の官房副長官時代から「安倍番」を務めてきたNHKの岩田明子・政治部記者兼解説委員は、側近記者の中でも別格の存在で「携帯電話やメールでいつでも総理に直接話が聞ける関係」(NHK記者)と言われる。

 それだけに、首相との阿吽の呼吸で次々にスクープをものにしてきた。直近では、オバマ大統領の広島訪問の特大スクープがある。

 NHKは5月10日の午後8時51分、首都圏ニュース中に〈オバマ大統領 今月27日に広島訪問へ 現職アメリカ大統領で初〉とテロップを流し、続いて短いストレートニュースで報道。さらに直後のニュースウオッチ9で特集を組み、ワシントン特派員の解説の後、スタジオに岩田記者が登場すると、それに合わせたように安倍首相の緊急記者会見が始まった。他局を完全に出し抜いたのだ。

「NHKの独壇場。事前に情報を得て、官邸と調整しながら準備していなければあんな芸当はできない」

 と他紙の首相番記者は地団駄を踏んだ。まさに番記者にとって一番おいしいスクープをかっさらわれたというわけである。

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「北にそっくり」
【ジョーク】イラン大統領「オバマ無能」への対立候補の反応
安倍首相 オバマ氏会談後「遠くから来たのに冷たい」と愚痴

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP