ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

循環器内科の美人女医 「喉が乾いたらこまめに水分補給を」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌で好評連載中の「美人女医 秘密のカルテ」が記念すべき400回を迎えた。そこで、これまで特に人気の高かった“キレイすぎる”女医を紹介しよう。

 埼玉県の療養型病院に勤務する循環器内科医の大山馨子先生(29)。

──循環器内科医になって1年ですね?

「とても多くの患者さんが来るので、勉強しなければならないことも膨大で、この1年は病院と自宅の往復で終わりました。

 循環器内科は主に心臓病や血管の病気を担当します。狭心症や心筋梗塞、不整脈、高血圧症、心不全などの治療。また、血管が細くなった部位を広げるために、カテーテル治療を行なうこともあります」

──4月から療養型病院に出向したとか。

「はい。時間にゆとりが持てるようになり、循環器内科の医師には体力が必須と痛感したので、キックボクシングを始めました。キックが決まるとストレス解消になります」

──夏場に気をつけたほうがいいことは?

「脱水症状を起こすと、脳梗塞や心筋梗塞など、血管系のトラブルが起きやすくなります。夏場は農作業中やゴルフ場で倒れて運ばれる方が後を絶ちません。のどが渇いたときは、かなり脱水が進んだ状態ですので、こまめに水分をとってくださいね」

●撮影/渡辺達生

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
生体吸収性ステント 二酸化炭素と水に分解され3年目に消滅
冬うつ 精神科、神経内科、精神神経科、心療内科どれを選ぶか
約3割が死亡する急性心筋梗塞 発作予測は難しいが予防は可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP