ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もしかして彼って既婚者?!付き合う前にチェックしたい極秘ポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、トイアンナです。いきなり怖い話なんですが、あなたの彼ってもしかして既婚者じゃありませんか?私の周りにも何人かいます。1LDKを数人の仲間と借りて、あたかも1人暮らしかのように女性を連れ込む悪い男たちが……!

被害者女性の話も耐えません。25歳キャビンアテンダントの友人は、海外渡航を繰り返す忙しい日々をすごしていました。しかし合コンで出会った証券会社勤務の彼氏と恋に落ちて、このままハッピーサマーウエディングになると誰もが信じていました。

ところがある日、彼女から「たすけて」とLINEが……!日ごろから彼の顔写真を会社の同僚にまで垂れ流していた彼女。まさかの同僚から「彼氏に超そっくりな人が、今別の女と子連れでハワイに向かってるよ」と連絡が来たそうです。なぜ彼女が勤めている航空会社を選んだの?バカなの?帰国後は修羅場になったこと、言うまでもありません。

 

こんな悲劇、あなたには味わってほしくない。というわけで今回は付き合っている間に知っておきたい、実はあなたのほかにも本命がいる?既婚者彼の特徴をお伝えいたします。

 

1. 家がやたらこぎれいなら、セカンドハウスかもしれない

俺ってミニマリストでさ、家に余計なものを置かないんだ

と言われて、そうなんだぁ……って鵜呑みにするのは危険!あまりに生活感のない家は、もしかすると数人で共有しているセカンドハウスかもしれません!

特に公共料金の支払い調書などが無いときは「???」とセンサーを働かせましょう。特に女性から人気の業界で働く男性ほど激務だから家を片付ける余裕もないはず。余計な服がないだけならまだしも、本来忙しい人が放置するものが家になければ要注意です。

 

2. 土日のどちらかしか空いてないのは危険サイン

ごめん、土曜は仕事が入っちゃって

なんてさりげなく土日のどちらかしか遊んでもらえない彼に出会ったら要注意です。もしかして残りの1日は、本当の家族と過ごすために忙しいのかもしれません。

特にシフト制勤務でもないのにやたら土日出勤をうたうタイプは、出勤している素振りを見せながら「帰宅」しているのかも……!?悩んだら転職サイトなどで彼の仕事を調べて、本当に土日勤務があるような企業なのか見てみるといいかもしれません。

 

3. 子供を欲しがらないのは、もういるからでは?

子供のことを嫌いそうではないのに

子供はまだいいかなって思ってて

と呟く男性がいたら気をつけましょう。もしかして子供がほしくないのは「もういるから」かもしれません。

特に男性が30代後半にもなって「まだ子供はいいかな」と言っているなら、隠れ既婚者でなくてもよほど計画性が無い方だとしか言いようがありません。周囲を見渡せば、既婚者たちが子供を作っている現実に気付けるはずだからです。たとえ既婚彼でなかったとしても、付き合いを見直すべきなのかもしれません。

 

4. LINEの返事が来る時間に偏りがあったら危険

夜21時を過ぎると、LINEの返事がぱたりと止まる……こんな生活パターンがあったら気をつけてください。彼はもしかすると「本当の家庭」で一家団欒をしているのかもしれません。分かりやすく仕事のシフトが入っている(例:外科医で手術が毎週木曜深夜まで入っている)なんて場合でもなければ、返事が決まった時間に滞る理由はわかりません。

もし「土日になるとLINEの返信が遅くなる」なんてことがあったら、特に危険サイン。奥様と過ごされる時間があるからこそ、「平日だけの彼氏」になってしまっているのかも……!

 

おわりに

ここまで、隠れ既婚者の特徴をお伝えしてまいりました。1つでもドキッとしたら、あなたの信じる心も大事にしながら検証をしてみたほうがいいかもしれません。共通の友人(できれば女性)に紹介してもらうようお願いするか、Facebookを探してみましょう。あなたの恋愛が少しでも前向きになれますよう、願っています。

 

》トイアンナ のその他の記事はこちら

ライター:トイアンナ
トイアンナのぐだぐだ(http://toianna.hatenablog.com/

関連記事リンク(外部サイト)

恋愛倦怠期?ラブラブ期?長続きするカップルの3つの特徴
「そのしぐさ、隠さないで!」男子があなたと恋に落ちる意外な行動
こんなの初めて……!彼の心を落とすキスの応用テクニック
【男女の違い】これは許してあげて!男のだらしない点3選
1つでも当てはまるとキケン!!非モテ女子にありがちな特徴4選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。