ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やついいちろうは松本伊代の太鼓持ち?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜16時30分からの番組「GROOVE LINE Z」(ナビゲーター:ピストン西沢)。5月25日のオンエアには、芸人のエレキコミック・やついいちろうさんが登場しました。

DJとしても活動するやついさんは、今までに7枚のミックスアルバムを発売しています。

西沢:ミックスって言ったって、お前のミックスじゃないじゃん!

やつい:そうなんですよね。繋がってるだけなんですよね。

西沢:いろんなDJのスタイルあるから、それはそれで良いと思うけど。

やつい:なんて言ったらいいんだろうな、「途中で違う曲になるやつ」を出したんですよね。

西沢:(笑)。

やつい:「途中で違う曲になるやつ」「これくらいで曲変えようかなってやつ」を今まで、7枚くらい出したんですけど(笑)。

そして、今まで発売した7枚のミックスアルバム(?)の最後に収録されていたオリジナル曲を集めた、初めてのオリジナルアルバム「YATSUI MATOME」が6月8日に発売するそうです。コラボしたアーティストは、いとうせいこう、レキシ、IMALU…など豪華メンバーばかり。

西沢:どの人との仕事が印象的だった?

やつい:やっぱり、松本伊代さん。他の人は知り合いだったんですけど、松本伊代さんとはこの時が初めてだったんで。完全に自分がファンとして、松本伊代さんが歌ってるところに茶々を入れるっていうリミックスです。

西沢:でもそれはね、R&B的には正しいの。

やつい:え、そうなんですか?

西沢:ジェームス・ブラウンの時代から、(ライブで)ジェームス・ブラウンが出てくる前に「これからJBくるぜ! JB呼ぶぜ!」、出てきたら「JB最高だぜ! 歌ってくれよ!」ってずっと言ってる太鼓持ちがいて。で、それがパブリック・エナミーっていう80年代のヒップホップグループになると、フレイバー・フレイブという太鼓持ちが現れて、またそのスタイルが復活したの。だから、君がやってることはジェームス・ブラウンに遡るR&Bの大切な要素なの。

やつい:じゃあ、これは、オリジナルスタイルってことですね!!

西沢:そう、いつの間にかやってたの。あんた、JBだよ!

やつい:嬉しい〜〜!!

西沢:いや、違う違う、JBの太鼓持ちだ!

*  *  *

「自信持って、これからも太鼓持ちやらせていただきます!」とやついさん。6月18日〜19日には、2日間にわたって、渋谷エリアの10会場と連動した主催フェス「YATSUI FESTIVAL! 2016」の開催が決定しています。松本伊代さんも出演するということで、生の「太鼓持ち」を見られるかもしれませんね!

【関連サイト】
「GROOVE LINE Z」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

なぜ人気? アニメ化決定の「とんかつDJアゲ太朗」(2016年03月26日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/03/dj-1.html

会社で「GROOVE LINE」を聴くと上司にチャンネルを替えられる……ピストン西沢の言い分は!?(2016年04月06日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1322.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP