ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファン1000人が『とと姉ちゃん』総選挙 トップ5の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月の放送開始から6週連続で視聴率20%超えを記録しているNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。同作内では昭和11年、16歳になったヒロイン・小橋常子(高畑充希)は女学校の最終学年を迎え、進路に思いを馳せる。新担任の東堂チヨ(片桐はいり)と出会い、刺激を受けた常子は妹・鞠子(相楽樹)の進学費用を稼ぐため、練り歯磨きの商売に挑戦するも、思わぬ窮地を迎えて──。

 今週からは、いよいよ常子も社会人となり、物語も中盤へと差しかかる。そこで本誌はドラマ序盤戦を彩った個性豊かな登場人物を対象に「とと姉ちゃん総選挙」をどこよりも早く開催。同番組の魅力に取りつかれたファン1000人に「推しメン」への1票を投じてもらった。トップ5の結果は、以下のとおりだ。

【1位】小橋常子(高畑充希):487票
【2位】小橋君子(木村多江):82票
【3位】青柳滝子(大地真央):80票
【4位】小橋竹蔵(西島秀俊):62票
【5位】隈井栄太郎(片岡鶴太郎):61票

 上の通り、全体の半数近い票を集めてぶっちぎりの「センター」の座についたのは、ヒロイン・小橋常子だ。

「とと(父)の代わりに家族を頼む」という父の遺言を胸に、どんな困難も「どうしたもんじゃろのぉ~」と明るく受け止めて、一途に家族を守る姿が広く支持された。

「とととの約束を守り、妹たちを一番に考え行動している」(67歳女性)
「何事にも前向きで元気をもらえる」(58歳男性)

 中でも好評だったのが、川に落ちた妹の美子(根岸姫奈)を助けるため、迷わず川に飛び込んだシーンだ。「とと」との約束を守った名場面である。

 2位は常子の母・小橋君子(木村多江)。

「奥ゆかしいのに、ちょっと天然なところが好き」(39歳女性)

 こんな声が上がる通り、気丈な和風美人ながら、常子が幼少期に高い櫓に登って降りられなくなってしまった際、常子を受け止めようとザルを持って駆け付けるという、とぼけた天然さも魅力のひとつである。

 娘たちのためなら全てを投げ出せる母としての姿も好評だ。

「常子の未来を案じて、母・青柳滝子(大地真央)と対峙するシーンは震えた。君子の母としての覚悟が感じられた」(46歳男性)

 またこんな声も……。夫を早くに亡くすという役どころに対して、

「薄幸の未亡人役がピッタリ」(56歳女性)

 ハマリ役ということか。

 3位は常子の祖母で老舗製材問屋「青柳商店」を切り盛りする青柳滝子。仕事の失敗の言い訳をする従業員に「ウチの看板に傷つけようってのかい!」とタンカを切る気っ風のよさはもちろんだが、真っ白な頭髪ながら肌にシワやシミがひとつもない“美魔女”ぶりにも注目が集まった。

「美しすぎるお婆ちゃん! 母役の木村多江のほうが老けて見える」(43歳女性)
「大地真央がよく祖母役を引き受けた。カッコいい」(55歳男性)

 4位にランクインしたのは、第一週のみの登場だった常子の父・小橋竹蔵(西島秀俊)である。竹蔵の死を惜しむ声は少なくなかった。

「今回は早々に死去してしまい残念!」(62歳女性)

 だが、死してなお人気なのは、次々と出てくる「とと」の遺した思いだろう。駆け落ち同然で結婚した君子のために、内緒で義母の滝子に200通もの手紙を送っていたなど、死後に明かされた竹蔵の秘話に視聴者は涙した。

「死んでからも活躍していてスゴい」(43歳男性)

 ちなみに竹蔵の出演シーンの常子は幼少期で子役が演じていたため、高畑は西島と共演していない。そのため、高畑は記者会見で、「一緒のシーンを撮りたいと(NHKに)お願いしたが、『無理』と言われた」と明かすほど悔しがっている。

 視聴者からも再登場を望む声は多いが、NHK関係者は、こう含みを持たせる。

「前作『あさが来た』では、大人気だった五代友厚(ディーン・フジオカ)が亡くなった後“五代ロス”が起こり、死後もヒロインの夢に登場させた。視聴者の声次第では、西島さんの再登場も……」

 5位の隈井栄太郎(片岡鶴太郎)は、青柳商店を支える筆頭番頭だ。昔気質の男気に溢れ、いつも常子たちのことを気に懸けているが、一方でトラブルメーカーでもある。

「色々と親身になる反面、おっちょこちょいで騒動を起こす。笑わせてくれる」(61歳男性)

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
朝ドラ『とと姉ちゃん』 嫁姑戦争ならぬ母子戦争勃発か
朝ドラ『とと姉ちゃん』 前作に続いて妾問題が勃発か
高畑充希 朝ドラロケ地・浜松で名物のウナギを何度も完食

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。