ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一億総活躍プラン 保育士給料アップ策の効果に疑問

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三首相が掲げる『一億総活躍社会』に向け、社会保障の具体策を盛り込んだ『ニッポン一億総活躍プラン』がこのたび公表された。労働力不足の解消に向け「子供の貧困対策」「介護の環境整備」「障害者の活躍支援」などが盛り込まれたが、いずれも、現実からかけ離れた机上の空論であることに波紋が広がっている。

 なかでも人手不足が深刻な保育士の問題について、「2017年度には、待機児童ゼロに」というスローガンを掲げ、給与の約2%にあたる「月額6000円アップ」、経験を積んだ職員には「月4万円程度上げる」と発表した。

 これらに現場から怒りの声が上がっている。都内の公立保育園で働く山本彩夏さん(仮名、26才)は、大学卒業後保育士となったが、基本給は約17万円。そこに残業代2万円を合わせた19万円が手取りとなる。

「サービス残業は月に50時間を超え、土日出勤も当たり前。もちろん休日手当はつきませんよ。子供は好きだし、保育士は子供の頃からの夢でしたが、正直、あと何年、モチベーションが続くか…」(山本さん)

 著書に『「子育て」という政治』(角川SSC新書)がある、ジャーナリストの猪熊弘子さんがプランの問題点を指摘する。

「今回の施策は“違うな”と思う点があまりに多い。まず給与アップの目安となる“2%”や“6000円”は“女性の平均給与に近づけよう”というのが前提なんですが、男性保育士も多い中、“保母さん”だった頃の名残をひきずっています。またベテランだと4万円アップという点も、“ベテラン”の基準が明言されていません。保育士不足は構造的な問題で、勤務時間の問題もありますし、給与を上げたからといって人が戻ってくるとは思えません」

 ところが、厚生労働省の担当者に話を聞くと、今回の施策で、保育士の人手不足の解消に「効果があると思う」と胸を張る。

「賃金が低いということが、保育士になりたいと思ってもなれなかったり、あるいは辞めていったりする大きな要因の1つなので、そこに一定の風穴を開けることになりますから」

 ちなみに今回の給与アップでは、無認可保育園で働く保育士は対象とならない。また4万円の基準については「現段階で具体化したものはなく、あくまで方向性が示されたとご理解ください」(厚労省・担当者)と言うばかり。

 それにもかかわらず、全国で4万人を超えるといわれている待機児童を、2017年度中にゼロにするというのだから、あまりにも見通しが甘いのではないか。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
「プールの日の朝食にかき氷」他 保育士を悩ます保護者実例
待機児童が減らぬ理由 保育園のブラック化や住民の開園反対も
95人子供預かる大阪の保育園の保育士犬 アン先生とサチ先生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。