ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レッツ毒出し!「デトックス」で知っておくべき7つのことって?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎回挑戦しては、途中で気分が悪くなって挫折してしまうーー。そんな相談を、ドクター・ハイマンは毎日のように受けているそう。しかし、体が毒素を吐き出そうとするために気分が悪くなるのは当然のことだと、彼は強調しています。

ただし、一過性のものとはいえツラいのは事実。そこでドクターが推奨するのは、できるだけ早い復活を促す戦略立て。基本的なことかもしれませんが、デトックスに挑戦するときに、以下の7つのことを注意してみて!

01.
欲求を抑えるために
植物性脂肪をとろう

糖質や炭水化物をカットすると、きっと強い空腹感に駆られる。そこで食べるべきは、ナッツやアボカド、魚などに含まれているヘルシーな脂肪分だ。

02.
毒素が出るときは、
サポートが大切だ!

まず、たくさん水を沢山飲むこと。そして、サウナ、マッサージ、ヨガ、ストレッチなどで体をほぐすと◎。

03.
亜麻仁を使うと、
効率アップ?

もしも便秘になったら、水分が不足していないか注意しよう。亜麻仁をサラダやスムージーにいれると、食物繊維が豊富にとれる上に、水分の吸収率が高まる。デトックスの効率がよくなるはずだ。

04.
クエン酸マグネシウムに注目

これも毒素排出の効率を上げ、睡眠や痒み、痛み、ストレスなどを和らげる。1日に400mgほどか、便秘があるならもっとでも良い。

05.
運動だ!

定番だが、エクササイズなどで定期的に運動することは大きくデトックスに役立つ。

06.
よく眠ること

十分に体を休ませることも、正しい毒素排出には必要なこと。寝ている時にだってデトックスは行われる。昼寝や、10分ほど横になるだけでも良いのだ。

07.
血糖値のバランスを
タンパク質で取る

腹ペコで我慢できなくなるまで耐えてはいけない。血糖値のバランスを、タンパク質でコントロールしよう。3〜4時間に一度、何か口にするとOK。焼き魚や鶏肉、枝豆や黒豆がオススメだ。

多くの場合、1〜3日で体調不良は改善されていく。もし症状が良くならなければ、もっとほかに重大な問題が起きている可能性がある。医師の診断を受けよう。

Licensed material used with permission by DR.HYMAN

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP