ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小さな蔵元が手造り、スパークリング日本酒「CRAFT SPARKLING SAKE」が新登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


リカー・イノベーションは、スパークリング日本酒「CRAFT SPARKLING SAKE(クラフトスパークリンクグサケ) 」を、埼玉県にある滝澤酒造と共同企画・開発した。

5月24日(火)より登場した同商品は、日本酒100種類・時間無制限で飲み比べできる日本酒専門店 「KURAND SAKE MARKET」各店にて1日数量限定だが味わうことができる。


近年、脚光を浴びるようになったスパークリング日本酒は、アルコール度数が低めで、香りや口当たりの良いものが多い。日本酒を飲み慣れていない方や女性の方にもやさしいお酒だ。

ローカルな小さい蔵元が造る本格的スパークリング日本酒は、全て手作業。ゆっくりと上澄み部分だけを汲み取る「おり引き」をあえて行わずうっすらと白く濁った状態で提供。

同商品は、10度前後の「花冷え」と呼ばれる温度帯で飲むことがおすすめなのだとか。りんごのようにフルーティで華やかな香りを楽しむことができるそう。

蔵元の磨かれた伝統の技から生まれたクラシックモダンなスパークリング日本酒を味わって!

KURAND SAKE MARKET
http://kurand.jp/sakemarket/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP