ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫婦の円満を法律が求めている?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 民法において、夫婦が互いに協力して生活を行うことを求めている規定が存在するでしょうか?

(1)存在する
(2)存在しない

A.

正解(1)存在する

 民法752条に「同居、協力及び扶助の義務」として「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」という規定があります。

 ちなみに、同居義務違反として、例えば夫が意図的に家を出て別居した場合には、妻から同居請求ができます(もっとも同居請求について認める審判がなされたとしてもこれを強制することはできないのが実情です)。

 また、同居協力義務を怠ったときは「悪意の遺棄」として、離婚原因となります(民法770条1項2号)。

元記事

夫婦の円満を法律が求めている?

関連情報

これがないと離婚裁判が起こせない。5つの「離婚原因」(コンテンツ)
DVの被害と無理やりの協議離婚書類作成にどのように対応するべきか?(なっとく法律相談)
居場所のわからない夫と離婚することができますか?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP