ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

常温か、冷やすか? 果物の一番おいしい食べ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さくらんぼ、すもも、ブルーベリー、びわ、あんず……。春から夏にかけては、おいしい果物がどんどん旬を迎えていく季節。ところで冷蔵庫から出してすぐに食べた果物と、しばらくおいてぬるくなってから食べた果物とでは、味が違うように感じたことはありませんか?

果物は冷やすと甘みが増す

果物の甘味物質である果糖とブドウ糖は、甘みの弱いα型と、甘みの強いβ型という2つの化学構造を持っています。これらは普段は混ざり合って水に溶けていますが、温度の変化によってそれぞれの甘みは変わります。α型よりも3倍強い甘みを持っているβ型は、温度が低くなる(冷やす)と割合が上がるため、甘みが増します。逆に常温に置いておくなどして温度が高くなると、β型が減るため酸味が強くなります。したがって、果糖を多く含む果物や果物ジュースは、冷やしたほうが甘く感じられるのです。

また、ひんやりした冷たさが心地よい清涼感を与えることで、甘さが引き立つという要因もあります。冷たい果物を口に入れると、体温で温まり、果物の特徴的な香りが口の中に広がって、よりいっそうその果物らしさが感じられるのかもしれません。果物を食べるときは、2~3時間前から冷蔵庫で冷やしておきましょう。

南国系フルーツは冷やしすぎに注意

ただし、メロン、桃、そして南国系の果物(バナナ、パイナップル、マンゴー、パッションフルーツなど)に限っては、冷やしすぎると甘みが落ちてしまうので要注意。食べる1時間前くらいに冷蔵庫に入れるぐらいで十分です。

果物のおいしさは、果糖のおいしさ。甘さのメカニズムを知って、ベストな状態で旬の果物を味わいましょう。

参考文献:『料理のなんでも小事典』 日本調理科学会 講談社ブルーバックス

おすすめのレシピ

いろいろフルーツのマチェドニアのレシピ | 料理サプリ

フルーツガスパッチョのレシピ | 料理サプリ

ごちそうフルーツサンドイッチのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

違うおいしさを楽しもう! かたくなったパンのリメイク術
甘辛シャキシャキ! 正統派きんぴらごぼうを作る3つのコツ
カリッとおいしい♪ 絶品ムニエルを焼くための3つの極意

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP