体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

工房でできるDIY。アイアンスツール制作で溶接にもチャレンジ

工房でできるDIY。アイアンスツール制作で溶接にもチャレンジ

家具や暮らしのアイテムなどを手づくりするDIY。最近は女性一人でも壁のペイントや、椅子やテーブルなどを制作するケースも増えているようです。それにともなって、DIYができる工房も続々とオープンしています。基本的には、木工がほとんどですが、なかには溶接などの金属加工といった少しハードルが高いDIYにも挑戦できる工房もあるようです。

温度は約3000℃! ドキドキの溶接を初体験

そんな工房のひとつが、神奈川県川崎市にある「中原工房」。小物雑貨から大型家具までDIY用に工作機械や工具などを備えており、個人のものづくりをサポートしているスペースです。ちなみに、工房利用者の7割以上は女性なのだそう。なかでも、特徴は木工のみならず鉄などの金属を切断、加工、溶接できるところ。個人ではなかなか手が出せない金属を用いたDIYですが、中原工房では専属のスタッフの指導のもとチャレンジすることができます。

というわけで、今回は中原工房のスタッフ・佐藤陽治さんに指導いただきながら、溶接のなかでは比較的難易度の低いアイアンスツールを制作してみることにしました。材料は持ち込みも可能ですが、事前に中原工房に依頼して購入することもでき、かつ作業前に準備されるので便利です。

基本的には動きやすい靴と服装で臨みさえすればよく、こちらで用意するものはとくになし。エプロンや厚手の革手袋なども、中原工房で用意してくれます。ただ、溶接のときに万が一にも火花が飛んだとき、服に火が燃え移らないように合成繊維ではなく、綿や麻の洋服を着ていきましょう。

それでは早速、「メタルソー」と呼ばれる金属をカットする機械で、椅子の脚と座面の枠に使うサイズにカットしていきます。「金属加工はちょっとのズレが全体の歪みにつながってしまうので、カットの際には0.5ミリ単位の正確性が求められます」と佐藤さん。【画像1】サイズだけしっかりと測れば、あとはメタルソーがきっちりカットしてくれる。バーを押し込んでカットするとき、力はほとんど必要なく手は添えるだけ。ゴリゴリと大きな音がするものの、意外とサクサク切れてしまう(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部) 【画像1】サイズだけしっかりと測れば、あとはメタルソーがきっちりカットしてくれる。バーを押し込んでカットするとき、力はほとんど必要なく手は添えるだけ。ゴリゴリと大きな音がするものの、意外とサクサク切れてしまう(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)【画像2】脚を4本、座面の枠を4本、さらに異なる素材で座面を固定する金属を2本切り出す(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部) 【画像2】脚を4本、座面の枠を4本、さらに異なる素材で座面を固定する金属を2本切り出す(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)【画像3】座面を固定するために使う金属には、ボール盤で穴を開けておく。手袋が巻き込まれてケガをしないよう素手での作業がマストとのこと。バイスという工具で、金属がずれないようにしっかりと固定する(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】座面を固定するために使う金属には、ボール盤で穴を開けておく。手袋が巻き込まれてケガをしないよう素手での作業がマストとのこと。バイスという工具で、金属がずれないようにしっかりと固定する(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

スツールの枠組みとなる材料は、これですべてそろいました。いよいよ溶接に進みます。溶接とは簡単にいうと「金属同士を高熱で溶かして接着する」こと。もちろん金属はちょっとやそっとの熱では溶けないので、高温を発生させる溶接機を扱います。そこで、まずはしっかりと身体をガード。【画像4】ヘルメット型のフェイスガードを装着。前方についている青色の窓が、溶接で発生する紫外線から目を守ってくれる(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy