体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住まいの決定権。水まわりや間取りは妻、最終決定は夫?

住まいの決定権。水回りや間取りは妻、最終決定は夫?

LIXIL住宅研究所が全国の持ち家一戸建てに住んでいる既婚女性500人を対象に、「住まいにおける女性の決定権」について調査したところ、水まわりなどは妻の意見が強くなることが分かった。住まいにおける夫婦の決定権について考えてみよう。【今週の住活トピック】

「住まいにおける女性の決定権に関する調査報告」を公表/LIXIL住宅研究所

キッチンなどの水まわりや間取りなどは、妻の意見のほうが強い

まず、住まい(一戸建て)を建てたり購入したりする際に、場所や間取り、住宅設備などを夫婦のどちらが最終的に決めることが多かったか尋ねたところ、「夫」という回答が43.0%、「妻」という回答が36.8%で、最終決定は夫がすることが多いが、妻がすることも相当あるということが分かった。【画像1】今の住まいを建てた(購入した)際、場所や間取り、住宅設備などについて、夫妻のどちらが最終的に決めることが多かったと思うか?(単数回答)(出典:LIXIL住宅研究所「住まいにおける女性の決定権に関する調査報告」)

【画像1】今の住まいを建てた(購入した)際、場所や間取り、住宅設備などについて、夫妻のどちらが最終的に決めることが多かったと思うか?(単数回答)(出典:LIXIL住宅研究所「住まいにおける女性の決定権に関する調査報告」)

では、妻の意見の方が夫より強かったことを尋ねると、キッチンまわりが圧倒的に多く、これは納得感のある回答といえよう。キッチンに加え、トイレや浴室などの水まわり、カーテンや壁紙、家の間取りなどでは、妻の意見が強くなる傾向にあることも分かった。【画像2】住まいを建てた(購入した)とき、妻の意見の方が強かったこと(複数回答)(出典:LIXIL住宅研究所「住まいにおける女性の決定権に関する調査報告」の一部を抜粋) ※画像1の問いで「現在の住まいを建てた(購入した)ときは、まだ結婚していなかった」「現在の住まいは自分たちで建て(購入し)てはいない」のいずれも選ばなかった人が対象

【画像2】住まいを建てた(購入した)とき、妻の意見の方が強かったこと(複数回答)(出典:LIXIL住宅研究所「住まいにおける女性の決定権に関する調査報告」の一部を抜粋)

※画像1の問いで「現在の住まいを建てた(購入した)ときは、まだ結婚していなかった」「現在の住まいは自分たちで建て(購入し)てはいない」のいずれも選ばなかった人が対象

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会