ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

保守系雑誌の分裂騒動 業界関係者が事の顛末を説明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年はなにかと「分裂騒動」が話題だが、出版業界も例外ではない──。ともに赤地に白抜きの雑誌名、“保守テイスト”の記事タイトル。あまりにも似すぎている二つの月刊誌、『WiLL』(ワック刊)と『Hanada』(飛鳥新社刊)の6月号が同日発売で書店に並ぶ様を見て、戸惑った人もいたはずだ。

 出版業界関係者が今回の「騒動」を説明する。

「3月に『WiLL』の名物編集長だった花田紀凱氏がワックの鈴木隆一社長と対立し、編集部員を丸ごと引き連れて飛鳥新社に電撃移籍。花田氏はレイアウトから執筆陣までソックリで、発売日も同じという雑誌を立ち上げた」

 花田氏がネットで「鈴木社長から“部員一同を連れてどこかの会社に移ってくれ”と言われた」と主張すれば、ワックはHPで「花田氏が会社の業務命令に従わなかった」と説明し、双方の言い分は真っ向対立。泥沼の分裂騒動となった。

 困惑したのが執筆陣や広告主のクライアントだ。ある執筆者はこんなお願いを両社からされたそうだ。

「花田氏側から“今後は飛鳥新社でお願いします”という連絡があり、その直後にワックから“新雑誌は『WiLL』と無関係。向こうで書かないで”と引き止められた。結局はどちらでも書くことになりました」

 ちなみに6月号の両誌の執筆陣を見ると、櫻井よしこ氏、西尾幹二氏、加地伸行氏ら保守系の重鎮がかぶっているが、西尾氏はいたって冷静だ。

「今回の問題は、別にイデオロギー対立が起こって雑誌が分裂したというような話ではなく、社内事情の問題で分かれたわけでしょう。だから寄稿する側としては中立です」

 広告では、ほぼ毎号出稿していたアパレル会社が『WiLL』から『Hanada』に乗り換えており、今後はクライアントの奪い合いも起きるかもしれない。

 騒動についてワックは「非常に多忙でコメントできない」とし、花田氏は「もう過ぎたこと。いまさら言いたいことはない」とコメント。

“保守雑誌戦争”の決着やいかに。

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
花田虎上氏 ちゃんこ店を巡り「2億円返せ」と訴えられる
元若乃花前妻・美恵子さん 養育費支払い遅延で弁護士に相談
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画「日韓スワップ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP