ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡瀬恒彦の芸能界最強伝説 スタントマン使わず複雑骨折も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 胆のうに腫瘍が見つかり、現在闘病しながら仕事を続けている俳優の渡瀬恒彦(71才)。現時点ではまだ手術を受けておらず、転移の有無を検査中とのこと。転移がなければ手術に踏み切るのではないかと言われている。

 そんな渡瀬は兵庫県・淡路島で育ち、早稲田大学法学部を卒業後、電通PRセンターに入社。芸能界に興味はなかったが、東映の故・岡田茂社長(当時)から熱烈なラブコールを受け、「脱サラ」して俳優になった。

「3才年上の実兄・渡哲也(74才)の給与明細を見てあまりの高給に驚き、“それならば”と、芸能界入りしたといいます」(ベテラン芸能記者)

 素人同然で挑んだ世界ながら、持ち前の生真面目さで芝居に取り組んだ。最初こそ苦労したが、端正な顔つきと張りのある低い声で圧倒的な存在感を示すようになり、兄に負けない人気俳優に。

 深作欣二監督の映画『仁義なき戦い』での血気盛んなヤクザ役、『タクシードライバーの推理日誌』(テレビ朝日系)の運転手役、『おみやさん』(テレビ朝日系)の刑事役など、息の長い“当たり役”にも恵まれた。「寡黙な男」のイメージが強いが、実は豪放磊落な一面もある。

「空手の素養があり、腕っぷしが強く、若い頃はよく血の気の多い東映任侠映画の若手役者をのしていた。先輩の松方弘樹さんや梅宮辰夫さんらが『恒彦とはけんかしないようにした』と明かすほどの豪傑で、“芸能界最強伝説”の持ち主。危険なロケでも基本的にスタントマンを使わず演じ切り、映画『北陸代理戦争』の撮影ではジープの下敷きになり、複雑骨折で全治2か月の重傷を負うなど、数々の“武勇伝”を持つ男です」(前出・ベテラン芸能記者)

 私生活では、1973年9月に当時大人気だった女優・大原麗子さん(享年62)と結婚したが、4年半で離婚。その翌年、一般人女性と結婚し、1男1女をもうけた。

 昨年8月、都内で開かれた大原さんの七回忌法要に出席した渡瀬は、報道陣からコメントを求められ、「いろいろありすぎて、簡単に言えない…」と絶句した。

 兄・渡哲也は昨年6月に胸の痛みを訴え、急性心筋梗塞で緊急手術を受けた。周囲が「下手をすれば死に至る状態だった」と話す大病で現在も表舞台にはほとんど立たず、自宅療養とリハビリを続ける。渡瀬は前出の大原さんの七回忌に出席した際、「早く元気になってほしい」と兄を気遣った。

 渡瀬自身も健康面が心配されていた。1994年に脳梗塞を患い、昨年6月にはドラマの撮影中に肺炎を患って緊急入院したが、わずか1日で現場復帰したと報じられた。そんな折りに、胆のうに腫瘍が発見されたのだ。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
金城武の姪の台湾美女 濡れたYシャツから透ける艶やか肢体
水曜ドラマ 堺雅人と渡瀬恒彦の倫太郎対決に注目集まる
大原かおり 3代目ミニスカポリス美女が魅せた復活完熟ボディ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP