ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ESファイルエクスプローラーから広告が表示されるES Charging Boost機能が削除される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ES ファイルエクスプローラーの提供元が今月上旬にアプリに導入した広告付きの「ES Charging Boost」機能を最新版で削除しました。ES Charging Boost は、バッテリーの充電速度を最大 20% 向上させる機能とされていますが、スマートフォンのロック画面を広告付きの独自のデザインに変更するということで、ユーザーから批判が出ていました。機能そのものは有用だといえますが、デフォルトで有効だったので、いつの間にか広告が表示されるようになり、ウィルスに感染したのかと疑う人もいました。最新版では、ES Charging Boost 機能そのものが削除されたので、ロック画面が勝手に変わることはありません。「ES File Explorer」(Google Play)

■関連記事
Sony Mobile、「スケッチ」を7.2.A.0.2にアップデート、エディタを改良してフルスクリーンモードに対応
DTI、MVNOの通話プランに「でんわかけ放題」を追加、既存の10GBデータプランを「ネットつかい放題」にリニューアル
Samsungは、次のGalaxy Noteを「Galaxy Note 7として発売か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP