ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

専業主夫の妻は、「エライ」?そこに見え隠れする性役割の固定観念 by ムーチョ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


うちの妻が「主夫の妻のあるある話」として教えてくれたのがこの

「”エライ”と言われる」

ということ。 前回のエピソード:「頼むよ!30分でいいから一緒にメシ食おうよ!」 どうしても大人と話したい時の裏ワザ

一見褒め言葉なのですが、言われてもあまりピンとはこないみたいです。

でも確かに考えてみたらこれって

男女逆のパターンだと絶対に「エライ」なんて言われないでしょうね。

やはりそこには「男は女を養うべき、女が男を養うのはより大きな努力を必要とする」といった発想が見え隠れしている気がします。 関連記事:いつまで言われる?「お母さんに伝えて」という言葉の背景にあるもの

妻が褒められると、「僕だってエライよ!」と言いたくなります 笑

もしかしたらこれは他の女性主婦さんが感じていることにも近いかもしれません。

主婦・主夫って、なかなか褒められる機会がないですもんね!

男性、女性に関わらず、外働きをして稼いでくる人もエライし、

主婦・主夫として家族を支えてる人もエライです。

ただ役割分担をしているだけなのだから、お互いがお互いを認め合い、褒めあえればいいですよね。

というわけで、専業主夫の奥さんが「エライ」と思う方は、

ぜひ同じように外働きをして活躍している、

専業主婦の旦那さんのことも褒めてあげてくださいね。

著者:ムーチョ

年齢:36歳

子どもの年齢:8歳と6歳

東京都在住。元テーマパーク系企業の人事でしたが、体調不良のため退職、その後いろいろあって現在専業主夫をやってます。主夫業の合間に描いた育児漫画ブログが注目され、漫画ブロガーとしても活動中。育児雑誌の連載なども。記事は娘たちが小さい頃の体験談です。

ブログ:カタルエ – 専業主夫の4コマ漫画ブログ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ムーチョさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

「こっちは、もっと疲れてるよ!」すぐ子育てをサボろうとする夫に効いた予防線
私も夫もがんばってた!自他共に認めるイクメン・カジメン夫に捧ぐ分担マトリクス
専業主婦は暇だろうという謎の上から目線。 家事も育児もノータッチの夫に試行錯誤する日々

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP