体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたが若いうちに旅に出るべき最大の理由3つ

ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?

きっと、旅慣れた人にとっては納得感のある彼の主張。まだ旅に出たことがないというアナタ!この記事を読むとわかると思いますが、一歩を踏み出すのは「今」ですよ。

「世界は本だ。旅をしない人は、それを1ページしか読んでいないに等しい」-アウグスティヌス

あなたが若いうちに旅に出るべき最大の理由3つ

先日、一人の若い女性と話す機会がありました。彼女は大学院に進学するか、もしくは海外へ旅に出るかの決断を迫られており、人生の岐路にいたのです。

私は旅へ出ることを勧めました。旅から得られるものは、その費用以上の価値があるのですから。

彼女は溜息交じりにこう答えました。

「はい。でも、お金はどうしたらいい?仕事はどうなるのかしら?彼氏やペットの犬は?」。

このように、「はい、でも…」は致命的な言葉です。なぜならその言葉は、人を臆病者にしてしまうから。ときには、あなたの夢を潰してしまうかもしれません。

でも、今あなたのいる環境がある程度融通の利くものならば、本当にしたいことをするべきです。

人生には「限り」があります。成人初期において、その人の「世界観」はなお成長段階にあると言われています。この時期に重要なことは、自分自身に成長する機会を与えること。その最良策が「旅に出ること」なのです。

だからこそ、若いうちに旅へ出るべきなのです。遥か遠くへの旅。大胆な旅。自由奔放な旅に──。

そこにはリスクが伴うかもしれません。しかし、若いうちに旅に出る3つの理由があることを私が約束します。

01.
恐れを抱きながら
生きる必要がなくなるから

あなたが若いうちに旅に出るべき最大の理由3つ

これまでの人生を振り返ったとき、こんな経験を思い出しはしませんか?

・自転車でゴールデンゲートブリッジを渡った
・イタリアのテレビ番組に映った
・ハイキングでマヤ遺跡
・三ヶ月でスペイン語を習得
・電車でヨーロッパ横断

私は上記のすべてを経験しました。それを知って、あなたはどう思いますか?

ためらうこと。恐れること。弁解をすること。危険を冒さず、ただ待つこと──。どんな選択肢が後悔につながると思いますか?

若いうちに旅へ出るべきです。世界を知り、満ち足りた人生を味わう時間を設けましょう。そこにはお金や時間を犠牲にする価値が大いにあるのですから。

これは決して「旅行者」の勧めではありません。リスクと冒険を経験することで、その後の人生で恐れを抱きながら生きる必要がなくなるのです。そして、あなたの冒険を共有することで、他の誰かが人生の恐怖から抜け出せるかもしれません。

02.
“人の温かさ”を
教えてくれるから

あなたが若いうちに旅に出るべき最大の理由3つ

若いうちは、自分の選択こそが己の「定義」となります。あなたがこれから始める訓練こそが残りの人生のあなた自身となるのです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。