ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

昨年の年末、臨月に入る前ギリギリに夫の実家である鳥取に帰省し、岡山県西粟倉村に前々から気になる日帰り温泉があったので行ってきました!

日帰り温泉+ゲストハウス+カフェ。今回訪れたのは、西粟倉村にある、あわくら温泉「元湯」。ここは、日帰り温泉とゲストハウス、カフェが併設されていて、初めて知った時はなんていい宿なの! と感動しました。西粟倉村は鳥取市から車で1時間で行けることがわかり、重いお腹とともに温泉につかりに。ずっとFacebookページで見てたこともあり、近くに行ったらすぐわかりました。思っていたより大きな建物でした。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

「こんにちは〜」入った瞬間、薪のストーブがふわ〜っとして店内は良い香りに包まれていて、目の前の青い黒板がこれまたかわいい。仕事している人もかわいい。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯 変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

このメッセージ通り、部屋の中心にあるのが、こどもばんだい。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯 変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

黒板横にはキッズスペースもあります。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

ここでは、元湯を運営しているご夫婦のお子さんが遊んでいました。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

こんなかわいい受付は温泉では初めてでは・・・。きゅんッ。

受付の奥が温泉。歩いて向うと檜の香りがして、温泉のテンションを高めてくれます。聞けば、受付付近の廊下の木はと更衣室付近の木が違くて、更衣室付近が檜だとか。

お風呂は40度前後でちょうどよく気持ちよかったです。外からの光も入って、気持ち良さは倍増。なんでお昼の温泉ってあんなに気持ちいいんですかね。ちなみに、ベビーベッドや赤ちゃんも使えるシャンプーがありました。

お風呂から上がって、主人に「ベビーベッドあったわ〜、珍しいね。」と伝えると「男性風呂にもベビーベッドあったよ!」と。なにそれ! めっちゃ子育て世帯に優しいじゃん!と感動。女将さんからは「赤ちゃんが初めて入る温泉になってほしいんです〜」と仰ってて、いやー、もうここを初めての温泉にします!!! と興奮気味な私。岡山ちょっと遠いけど。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

お風呂から出たらカフェスペースで休憩。ストーブがあったかくて、より身体はポカポカに。この日はちょうどそばを打ってたので、そばとおいしいデザートを注文しました。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯 変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

さて、ここまで縁側出てこないじゃん! と思うかもしれませんが、大丈夫です、ちゃんとあります! 玄関付近に大きなウッドデッキがあるのですが、ゲストハウスの個室の部屋に縁側があるのです。今回は特別に見学させていただきました。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

とりあえず座ってみる。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

景色もよし。

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

・・・ん!? 縁側がなんか変わってる!

変わった縁側を発見!温泉+カフェ+ゲストハウスのある元湯

なんか板が短くないですか!? あと、点々の模様も多い。実はこの板、建物を建てるときの余った板のため短いみたいです。こんな縁側は100件以上みてはじめてみましたね。変わった縁側どこですか? って聞かれたら今度ここも答えよう。

今回は、温泉とカフェのみの利用でしたが、今度はぜひ子どもを連れて泊まりに行きたいと思いました。

[あわくら温泉 元湯]

[寄稿者:成瀬 夏実]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/narusenatsumi/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。