ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンダーランドへの扉が再び開く! 映画公開記念『アリスと時間のアート展』開催決定[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今から6年前、想像を超えた映像美で『不思議の国のアリス』のその後を映画化した映画『アリス・イン・ワンダーランド』。その続編映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』がついに7月1日に公開予定。映画の公開を記念して、『アリスと時間のアート展』の開催が決定しました!

今回の特別展では、各界で活躍する『アリス・イン・ワンダーランド』の世界に魅了された著名人やアーティストが“時”や“映画の美しい世界観”にインスパイアされた「時計アート」作品を制作し展示されるほか、最新作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の世界に迷い込んだ気分が味わえるフォトロケーションなども設けられ、映画公開前に一足早く映画の世界を堪能できる展示会となっているそう。

場所は前回の映画の際も特別展を行った汐留・日本テレビの2階日テレホール。そして入場料はなんと無料! 行列必至ですが、行かないと後悔するかも!

◆『アリスと時間のアート展』詳細◆
開催期間:6月4日(土)~6月12日(日) 平日11:00-20:00 土日10:00—20:00  入場無料
開催場所:汐留・日本テレビ 2階日テレホール(東京都港区東新橋一丁目6-1)
JR/都営浅草線/東京メトロ銀座線「新橋駅」、都営大江戸線「汐留駅」下車
一般お問い合わせ:03-3222-2885
主催:読売新聞社
協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社、日本テレビ放送網

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』7月1日(金)全国ロードショー
物語は前作から3年後。亡き父の後を継ぎ、船長として大海原で活躍していたアリス。だが厳しい現実に直面し、再びワンダーランドへと誘われる。そこにいたのは、悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッター。大切な友を救うため、アリスは時間をさかのぼる。待ち受けるのは、秘められた真実と、時間の番人<タイム>との戦い。赤の女王の脅威も迫る中、果たしてアリスは、運命に逆らい、過去を変えることはできるのか?

好奇心旺盛な主人公アリスを演じるミア・ワシコウスカはじめ、マッドハッタ―のジョニー・デップ、白の女王のアン・ハサウェイ、赤の女王のヘレナ・ボナム=カーターら豪華キャスト陣が再集結し、個性豊かなキャラクターを熱演。

物語の重要なKEYとなる<時間>を司るタイム役には、『ポラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロン・コーエンが抜擢。前作以上に破天荒な展開に目が離せない。

誰でも一度は「過去を変えたい」と思ったことがあるはず。私たちの過去は変えられない。でも、過去から大切な何かを学べるのだとしたら……。この夏、アリスの時間の旅が、あなたの未来も変えてくれるはず。もしかしたら、そう-再び青い蝶に誘われて……。

製作:ティム・バートン
監督:ジェームズ・ボビン
出演:ジョニー・デップ/アン・ハサウェイ/ミア・ワシコウスカ/ヘレナ・ボナム=カーター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

映画公式サイト:
http://www.disney.co.jp/movie/alice-time.html
(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. / Disney.jp/Alice-Time

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP