ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プリンスの財産相続を主張する人物が遺伝子検査に反対

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プリンスの遺産相続人であると主張する2人の人物が、同ミュージシャンとの関係を証明する血液および遺伝子検査を受けることに反対していることが明らかになった。

 ミネソタ州のカーバー郡地方裁判所で財産請求の訴訟を起こしているBrianna NelsonとJeannine Halloran(未成年の娘に代わり提訴)は、5月23日、判事が特別遺産管理人に対し、同主張の物理的検査を要求できる権限を与えたことに異議を申し立てた。

 Nelsonは、自分の父親はプリンスの義理の兄弟Duane Nelson Sr.であるとし、プリンスの姪だと主張。一方のHalloranは、未成年の娘V.N.はDuane Nelsonの孫で、プリンスの又姪にあたるとしているのだ。

 2人の共同申し立てによると、彼女たちはDuane Nelsonとの関係、およびDuane Nelsonとプリンスとの関係を証明するものを提出しており、これが父子鑑定を推定するためのミネソタ州法を満たしていると主張している。

関連記事リンク(外部サイト)

ミネソタ州の“プリンス法案”が取り下げられる
プリンス愛用ギターがオークションへ、デモテープ等も出品
“エホバの証人”のプリンス追悼式が厳戒態勢のなか営まれる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP