ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新シリーズ登場の「MARUNI COLLECTION 2016」、東京展で国内初披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MARUNI COLLECTION 2016_001

2016年5月21日(土)から6月5日(日)まで、東京・日本橋のマルニ東京にてマルニ家具新作展「MARUNI COLLECTION 2016 東京展」が開催されます。

深澤直人氏、ジャスパー・モリソン(Jasper Morrison)氏とのタッグで世界ブランドに成長してきた「MARUNI COLLECTION(マルニコレクション)」。9年目を迎える今年、4月のミラノサローネで発表された新作、既存シリーズのバリエーション追加が国内初披露を迎えます。

深澤直人氏がデザインを手がけた新作は、マルニコレクションのアイコンともなっているHIROSHIMAアームチェアの系譜を受け継ぐ、スタッキングチェアとスツール。

ジャスパー・モリソン氏による新シリーズは「T&O」。名前の通り、アルファベットの「T」と「O」のようなフォルムが特徴で、無垢材を3次元に削り出した部材を使用したチェアとスツールがデビューします。

さらに、人気シリーズの「Lightwood」にブラックのウェビングシートが追加。「Roundish」シリーズでは素材にウォルナットが追加され、新アイテムとしてツーシーターソファが登場します。

デザイナーと協力関係を育み、継続的にコレクション拡充に取り組んできた結果、マルニコレクションはますます広がりを見せています。

ぜひその全貌をコレクション会場でご確認ください。また、東京・新宿でも「MARUNI COLLECTION 2016 新作展」を同時開催。いずれも、どなたでも入場可能です。

MARUNI COLLECTION 2016_002 HIROSHIMA/深澤直人

HIROSHIMA アームチェア(スタッキング・板座)。木材以外の素材を使用するのはシリーズ初。無垢材と細いステンレスによる素材のコントラストで凛とした佇まいに仕上がっています。

MARUNI COLLECTION 2016_003 背と座面の素材はビーチ / オーク / ウォルナットの3種。スタッキングが可能です。 MARUNI COLLECTION 2016_004 HIROSHIMA/深澤直人

HIROSHIMA スツール Mid/スツール High。HIROSIMAアームチェアの特徴であるアームから背につながるラインをイメージした座面。美しい後ろ姿にこだわったそう。

MARUNI COLLECTION 2016_005 T&O/ジャスパー・モリソン

TとOの組み合わせ、そしてアクセントカラーが印象的な新シリーズ。

MARUNI COLLECTION 2016_006 T1 チェア MARUNI COLLECTION 2016_007 T1 チェア / T2 バースツールMid / T3 バースツールHigh MARUNI COLLECTION 2016_008 O1 スツールLow / O2 スツールMid / O3 スツールHigh MARUNI COLLECTION 2016_009 Lightwood/ジャスパー・モリソン

人気シリーズの新仕様。ブラックカラーのウェビングシートが選択可能になりました。

MARUNI COLLECTION 2016_010 Roundish/深澤直人

ツーシーターソファが初お目見え。またシリーズすべてのアイテムでウォルナット材が選べるようになっています。

Bruno_wide2seatersofa_ash Bruno/ジャスパー・モリソン

ワイドツーシーターソファが初お目見え。新しいファブリックも追加されています。

Photo:川部米応(Yoneo Kawabe)

MARUNI COLLECTION 2016 東京展

会期:2016年5月21日(土)~6月5日(日)

会場:マルニ東京

MARUNI COLLECTION 2016 新作展

会期:2016年5月18日(水)~6月7日(火)

会場:伊勢丹新宿店本館5階=リビングルーム / 家具

MARUNI COLLECTION 2016 新作ラインナップ

HIROSHIMAシリーズ/深澤直人

HIROSHIMAアームチェア(スタッキング・板座)

素材:ビーチ / オーク / ウォルナット(ウレタン樹脂塗装)

ステンレススチール(クロム仕上げ / ポリッシュ仕上げ)

価格:

クロム仕上げ:ビーチ 5万8000円税抜)~

オーク 6万2000円(税抜)~

ウォルナット 7万2000(税抜)~

ポリッシュ仕上げ:ビーチ 7万8000円円(税抜)~

オーク 8万2000円(税抜)~

ウォルナット 9万2000円(税抜)~

サイズ:W535mm × D515mm × H738mm(SH447mm)

HIROSHIMA スツールMid / スツールHigh

素材:ビーチ / オーク / ウォルナット(ウレタン樹脂塗装)

ステンレススチール(クロム仕上げ / ポリッシュ仕上げ)

価格:

スツールMid:ビーチ 6万円(税抜)~

オーク 6万8000円(税抜)~

ウォルナット 8万6000円(税抜)~

スツールHigh:ビーチ 6万4000円(税抜)~

オーク 7万2000円(税抜)~

ウォルナット9万円(税抜)~

サイズ:

スツールMid:W409mm × D403mm × H762mm ×(SH642mm)

スツールHigh:W458mm × D421mm × H902mm ×(SH782mm)

T&Oシリーズ/ジャスパー・モリソン

T1チェア / T2バースツールMid / T3バースツールHigh

素材:メープル(ウレタン樹脂塗装)、スチール(レッド / グリーン / ブラック)

価格:

チェア:5万4000円(税抜)

バースツール Mid:7万円(税抜)

バースツールHigh:8万円(税抜)

サイズ:

チェア:W403mm × D443mm × H730mm円(SH448mm)

バースツールMid:W442mm × D452mm × H915mm(SH640mm)

バースルーツHigh:W470mm × D478mm × H1055mm(SH780mm)

O1 スツールLow / O2 スツールMid / O3 スツールHigh

素材:メープル(ウレタン樹脂塗装)、スチール(レッド / グリーン / ブラック)

価格:

スツールLow:3万9000円(税抜)

スツールMid:5万4000円(税抜)

スツールHigh:6万4000円(税抜)

サイズ:

スツールLow:W420mm × D320mm × H445m(SH431mm)

スツールMid:W448mm × D333mm × H654mm(SH640mm)

スルーツHigh:W476mm × D362mm × H794mm(SH780mm)

Lightwood/ジャスパー・モリソン

ウェビングシート ブラック色

素材:メープル / オーク / アッシュ(ウレタン樹脂塗装)

価格:

メープル 4万3000円(税抜)~

オーク 5万4000円(税抜)~

アッシュ 5万4000円(税抜)~

サイズ:W468mm × D461mm × H762mm(SH430mm)

Roundish/深澤直人

素材にウォルナット材を追加

Roundish チェア(板座)

素材:ウォルナット ウレタン樹脂塗装

価格:8万3000円(税抜)~

サイズ:W460 × D530 × H773 × SH426(mm)

Roundish チェア(背板・張座)

素材:ウォルナット ウレタン樹脂塗装

価格:9万2000円(税抜)~

サイズ:W460 × D530 × H759 × SH426(mm)

Roundish チェア(張座)

素材:ウォルナット ウレタン樹脂塗装

価格:9万9000円(税抜)~

サイズ:W460 × D530 × H759 × SH426(mm)

Roundish ツーシーターソファ

素材:ビーチ / オーク / ウォルナット(ウレタン樹脂塗装)

価格:

ビーチ:28万9000円(税抜)~

オーク:33万6000円(税抜)~

ウォルナット:38万5000円(税抜)~

サイズ:W1854mm × D789mm × H763mm(SH420mm)

Bruno/ジャスパー・モリソン

Bruno ワイドツーシーターソファ

素材:アッシュ / オーク(ウレタン樹脂塗装)

価格:

アッシュ:39万2000円(税抜)~

オーク:39万2000円(税抜)~

ウォルナット:38万5000円(税抜)~

サイズ:W1860mm × D850mm × H780mm(SH420mm)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

ものづくりの町で遊ぶ「モノマチ」今年も開催! 190組の店舗・工房が参加
過去最多の約50社が出展! 一般参加可能なクリスマスマーケット「BATOMA CHRISTMAS」開催
鈴木マサルのテキスタイル展、 代官山の2会場で開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。