ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪の隠れた名物!カラフルで、ころんと可愛い「森のおはぎ」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

きっと多くの人が見慣れているのは、小豆ときなこの“2色”のはず。でも、以下の整然と並べられた“丸っこいものたち”だって、み〜んな「おはぎ」なんですよ!

小さな小さなお店の
「素材の味」がするおはぎ

くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。

小さな商店街にある小さな小さなお店は、注意していないと見落としてしまうほどなのだそう。

テーマは「素材の味がするお菓子」。カラフルでころんとしたフォルムが可愛いですよね。

それではラインナップの一部を紹介しましょう!

【定番5品】
01.
大納言雑穀もち

大粒でなめらかな、北海道産大納言小豆を使用。お餅は雑穀入りなので、プチプチの食感が楽しめます。

02.
深炒りきなこ雑穀もち

京都から取り寄せた深炒りのきなこを使用。若干のほろ苦さと、一般的なきなこにはない香り高さが特長で、中には北海道産小豆を使った甘めのあんを忍ばせています。

03.
ほうじ茶黒米もち

京都の老舗のほうじ茶を、細かく砕いてあんに練りこんでいます。ほろ苦さの後には、ほうじ茶の香ばしくて甘い香りが。

04.
本醸造みたらし雑穀もち

博多「ジョーキュウ醤油」の100年以上使われている木桶。そこで作られた再仕込醤油を使用したタレは、香りとキレが格別。お餅を炙っているので、香ばしさも楽しめます。

05.
くるみ黒米もち

あんに練りこんだのは、焼いて風味を出したくるみ。細かく砕いたものと、粗く刻んだものの両方を使用しています。滑らかな中のコリっとした食感が◎。

【準定番…気まぐれ販売】
01.
揚げごま黒米もち

香りのよい白ごまを少量の油でさっと揚げ、たっぷりとおはぎにまぶしています。中華のごま団子にも似た味わいですが、こちらのほうがよりあっさり。

02.
黒ごま黒米もち

あんもお餅も黒い、真っ黒おはぎ。練り黒ごまを入れたあんは、他にないコクが味わえます。

このほか、季節に合わせた
限定品も登場!

こちらは焼きみそ、焼き栗、抹茶きなこ、大納言。ちなみにおはぎ以外にも、わらび餅や最中も大人気の模様です。

大阪・北新地には姉妹店「森乃お菓子」があるほか、市内の主要百貨店では不定期での販売も実施中。詳しくはHPをチェックしてみて!

【店舗概要】
森のおはぎ
・住所:大阪府豊中市中桜塚-2-25-10
・TEL:06-6845-1250
・営業時間:10:00~13:00、14:00〜売り切れ
・定休日:日曜、月曜、祝日は不定休(お彼岸やお盆前半は開店)

Licensed material used with permission by 森のおはぎ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP