体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年JASRAC賞 三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」が金賞を受賞

2016年JASRAC賞 三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」が金賞を受賞

25日、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、前年度に作詞者、作曲者、音楽出版者へJASRACが分配した著作物使用料の分配額が最も多かった作品を表彰する「2016年JASRAC賞」の贈呈式を開催した。

今年のJASRAC賞「金賞」は、音楽プロデューサーSTY(エス・ティワイ)が作詞、STY/Maozon(マオゾン)が作曲した三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」が受賞。同曲はランニングマンのダンスが話題となり、「第56回日本レコード大賞」も受賞している。また、同じくSTYとMaozonが手がけた「O.R.I.O.N.」も国内作品7位にランクイン。CDシングル、有料音楽配信ともに高いセールスを記録したほか、カラオケでの人気も高く今回の受賞となった。

関連記事:日本人として世界で戦うハイブリット企業 ヒット曲のプロデュースを数多く手がける株式会社ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談

「銀賞」は、昨年金賞を受賞した、秋元康・作詞、伊藤心太郎・作曲の「恋するフォーチュンクッキー」が受賞。CMを始め幅広い分野で利用された。「銅賞」は、中島みゆき 作詞/作曲の「糸」が受賞した。ウエディングソングの定番となり、披露宴のカラオケなどで利用された。

また、外国からの入金が最も多かった「国際賞」は、菊池俊輔・作曲の「キテレツ大百科BGM」が受賞。菊池俊輔氏は、昨年も「ドラゴンボールZ BGM」で国際賞を受賞している。

「外国作品賞」は、映画『アナと雪の女王』の挿入歌「LET IT GO from the DISNEY film “FROZEN”」が受賞。映画のヒットに伴いさまざまな分野で利用され、こちらも2年連続の受賞となった。

【2016年 JASRAC賞】

<金賞>

作品:R.Y.U.S.E.I.
作詞者:STY
作曲者:STY/Maozon
音楽出版者:エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社

STY(写真左)受賞コメント
このような栄誉ある賞をいただけましたことを心から感謝申し上げます。「R.Y.U.S.E.I.」は私だけの力ではなく、レコード会社、プロダクション、出版社、そして、アーティストの方々はもちろん、ディグズのみんなと「少しでも多くの方に聴いてもらいたい」という想いで、心を込めて作り上げた作品ですので、このような形でたくさんの方々に私たちの想いが伝わったことをとても嬉しく感じます。この度はありがとうございました。

Maozon(写真右)受賞コメント
私たちが作った曲が、まさかこんなにも多くの方に聴いていただけて、このような賞をいただけるとは思ってもみなかったので、とても驚いていますし、感謝の気持ちしかありません。ありがとうございました。

三代目 J Soul Brothers お祝いメッセージ
この度はこのような賞をいただき本当に光栄です。楽曲がたくさんの方々に愛されたからこそ頂けた賞だと思いますし、そのことを嬉しく、ありがたく思います。これからも初心を忘れずに日々精進していきたいと思います。本当にありがとうございます。

<銀賞>

作品:恋するフォーチュンクッキー
作詞者:秋元康
作曲者:伊藤心太郎
音楽出版者:株式会社AKS

秋元康 受賞コメント
昨年の金賞に引き続き、JASRAC賞の銀賞をいただけたことを光栄に思います。流行歌という言葉が使われなくなった時代に、同じ曲で2年連続、賞をいただけたことに大きな意味を感じています。多くの方に長く親しまれる流行歌の可能性は、作詞家として励みになります。ありがとうございました。

伊藤心太郎 受賞コメント
この度は「銀賞」をいただきありがとうございます。2年続けて賞をいただけることを光栄に思っています。JASRAC関係者の皆様、ならびに僕を支えてくれる人たち、AKB48のみんな、そして秋元先生への感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちを忘れず、皆さんに元気や感動を届けられるような曲をこれからも作っていきたいです。ありがとうございました。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。