体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

aikoとアリアナ・グランデ、女性ソロアーティストがワンツーフィニッシュ!

エンタメ
aikoとアリアナ・グランデ、女性ソロアーティストがワンツーフィニッシュ!

 アルバム総合チャート“Hot Albums”は、aikoの2年ぶりのオリジナルアルバム『May Dream』がセールスでポイントを大きく稼ぎ首位を獲得した。

 『May Dream』は、aikoの12枚目のアルバムで「もっと」「信号」「合図」などヒット曲やタイアップ曲を含む13曲が収録されている作品。4.4万枚を売り上げてセールス部門1位のポイントが原動力となり総合1位を獲得した。同作発売日の3日後の5月21日からはライブツアー【Love Like Pop vol.19】がスタートしており、これからそのライブの予習などでルックアップでのポイントが伸びてくれば、今後のチャートでも上位をキープできるだろう。

 世界中でヒットを記録しているアリアナ・グランデ『デンジャラス・ウーマン』は、セールス2位とデジタルで断トツ1位のポイントを稼いで、ロングヒット中の小田和正『あの日 あの時』をおさえて2位に入った。また、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”には、『デンジャラス・ウーマン』に収録されている楽曲「イントゥ・ユー」など3曲がチャートインしており、こちらでもアリアナ・グランデの人気の高さがわかる結果となった。

 今週はトップ10に、初登場として吉川晃司『WILD LIPS』、蒼井翔太『S』、ストレイテナー『COLD DISC』、HEY-SMITH『STOP THE WAR』の4タイトルに、『May Dream』と『デンジャラス・ウーマン』も含めて6作品が並んだフレッシュなチャートになった。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会