ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅田将暉 美少女イラストに囲まれたオタクを演じる?! 映画『二重生活』場面写真公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月25日より全国公開される映画『二重生活』(配給:スターサンズ)の、ちょっとオタクな場面写真と菅田将暉のコメントが届いた。

映画『二重生活』×菅田将暉 関連画像

 本作は、NHK『ラジオ』など多くの記憶に残るドラマを手掛けた映像作家・岸善幸が、直木賞作家・小池真理子の同名小説を大胆に脚色、映画化に挑んだ作品だ。主演には、映画『愛の渦』で数々の賞を受賞し、NHK連続テレビ小説『まれ』でも注目を浴びた、今最も活躍している女優のひとりである門脇麦を起用。今作で単独初主演となる門脇麦が演じるのは、見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていくヒロイン。そして、尾行される男を演じるのは長谷川博己。恋人役に菅田将暉、尾行を勧める謎多き教授にリリー・フランキーなど多彩なキャストが揃い、「尾行を哲学する」といった、全く新しい心理エンターテインメントとなっている。

 そして、『ディストラクション・ベイビーズ』『セトウツミ』『デスノート 2016』など多数の作品に出演し、個性的な役柄をこなす菅田将暉。本作では一転、主人公・珠と同棲中の恋人・卓也を演じ、ナチュラルな魅力を振りまいている。ゲームデザイナーとしてコツコツ働き、珠が尾行をしている最中も、仕事のために机に向かう。そんな卓也について菅田は、「もともと絵を描いていて、今は仕事をして生活をしていかなくてはならないから、グラフィックやゲームのデザインをしている。絵の才能がすごくあるわけではないけれど、まったく関係ないことを仕事にするのも嫌だし、と最初は嫌々はじめたところもあったと思うんです。でも頑張っていたら、評価されはじめたという過程があって。男としては、その過程を一番見て、褒めてほしいんですよ。大好きなものを、違う形で仕事にするつらさ。でもそれを乗り越えて、その道で評価をされるってすごいことだと思いますから。」とコメントを寄せた。是非、チェックしてほしい。

◎映画『二重生活』
2016年6月25日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開
監督・脚本:岸善幸『ラジオ』『開拓者たち』
原作:小池真理子『二重生活』(角川文庫刊)
音楽:岩代太郎
出演:門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、河井青葉、篠原ゆき子、西田尚美、烏丸せつこ、リリー・フランキー
2015年/日本/カラー/126分/16:9/デジタル5.1ch/R15+
製作:「二重生活」フィルムパートナーズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン 
製作・配給:スターサンズ
配給協力:コピアポア・フィルム
宣伝:ミラクルヴォイス+Prima Stella
(c)2015『二重生活』フィルムパートナーズ

<ストーリー>
表参道、渋谷……移りゆく東京の街の風景のなかで、見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていく――。
大学院で哲学を学ぶ珠(門脇麦)は、修士論文の準備を進めていた。担当の篠原教授(リリー・フランキー)は、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。同棲中の彼(菅田将暉)にも相談できず、尾行に対して迷いを感じる珠は、ある日、資料を探しに立ち寄った書店で、マンションの隣の一軒家に美しい妻と娘とともに住む石坂(長谷川博己)の姿を目にする。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして珠の「尾行する日々」が始まった――

関連記事リンク(外部サイト)

池松壮亮×菅田将暉の映画『セトウツミ』劇中スチール&原作コミックパネル展を開催
108分の衝撃『ディストラクション・ベイビーズ』柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎の狂気映像解禁
石崎ひゅーい×菅田将暉 対談!“「花瓶の花」は、この世で一番大好きなラブソング”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP