ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YOSHIKI(X JAPAN)×高見沢俊彦(THE ALFEE)共演! クリスタルピアノで「メリーアン」披露!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高見沢俊彦(THE ALFEE)とYOSHIKI(X JAPAN)の約20年ぶりのメディア共演が5月24日に実現した。

YOSHIKI(X JAPAN)×高見沢俊彦(THE ALFEE)その他画像一覧

 これは、ニコニコチャンネル内・YOSHIKI CHANNELに高見沢がゲスト出演し実現したもので、対談の模様が生放送された。数十年来にわたり、日本の音楽シーンを牽引し続けて来た伝説の2人。久々の共演に、トークは大いに盛り上がりを見せ、普段なかなか聞くことのできないミュージシャンならではの話や意外なエピソードに、視聴者から多くのコメントが寄せられていた。

 高見沢はニコ生初登場、視聴者から寄せられる「888888」の文字が拍手の音「パチパチパチパチ」を意味していることをYOSHIKIに説明をしてもらうところからスタート。高見沢が登場後、「2人の出会い」「楽器・機材に対する美学」「メンバーとの絆」などをテーマにトークを展開、二十数年前に2人でF1を観戦しに行った懐かしい話も飛び出した。高見沢とYOSHIKIの2人が東京駅で時間を決めて待ち合わせたところ、「たまたま全く同じコートを着てきてしまったことで、傍からみたらカップルみたいだった」などと笑いを誘った。

 さらに同じくF1をたまたま観戦していたTHE ALFEEの桜井が「高見沢が外国人の女性を連れてきた……と思って一瞬気まずい思いをした」など1つのエピソードでも話のネタが盛りだくさんだった。「楽器・機材に対する美学」という話でも、高見沢オリジナルのエンジェルギターやヴィンテージギターを紹介、そしてYOSHIKIのオリジナルクリスタルピアノ、クリスタルドラムの話。楽器1つを取っても独特の美学も持つ2人だが、そこでYOSHIKIからのサプライズで「メリーアン」「星空のディスタンス」をクリスタルピアノでパフォーマンス。このサプライズに高見沢も感動と喜びに溢れた。

 “異端の美学”を追求する2人による対談から、様々なエピソードが飛び出し、終始盛り上がりを見せたまま放送は終了した。対談終了後、今回の共演に関して2人は、「生放送にYOSHIKIがいるっていうことが、大人になったな~と思いました(笑)。……でもYOSHIKIについていろいろ噂がありますが、彼は本当に礼儀正しい子です! 僕が保証します!!」(高見沢)、「自分の番組で来ないってことはないですよ!? でも大人になりましたかね。……こうして対談できて本当に良かったです!!」(YOSHIKI)と感想を語り、今後の2人のさらなる活躍を予感させた。

 THE ALFEEは、5月25日にニューシングル『今日のつづきが未来になる』が発売を迎え、この週末にはNHKホールにてワンマンライブを開催する。是非こちらもチェックしてほしい。

◎ニコ生番組『YOSHIKI CHANNEL 伝説対談SP ~THE ALFEE 高見沢俊彦・YOSHIKI 約20年ぶりのメディア共演~』
5月24日(火)20;45~22:00 六本木ニコファーレ
出演者:YOSHIKI(X JAPAN)、高見沢俊彦(THE ALFEE)、奥浜レイラ(MC)

◎THE ALFEEシングル『今日のつづきが未来になる』
2016/5/25 RELEASE

◎THE ALFEE 夏のイベント【30th Summer! Best Hit Alfee 2016 夏フェス】
7月30日(土)、31日(日)横浜アリーナ

◎映像作品『billboard classics presents INNOVATION CLASSICS TOMOMI NISHIMOTO ×TOSHIHIKO TAKAMIZAWA』
2016/6/29 RELEASE
[Blu-Ray+DVD 2枚組] TYXT-10027 9,800円(税込)

◎【EVENING WITH YOSHIKI IN OSAKA JAPAN 2016】
8月30日(火)、31日(水)ザ・リッツ・カールトン大阪 ザ・グランド・ボールルーム

◎【EVENING WITH YOSHIKI IN TOKYO JAPAN 2016】
9月2日(金)、3日(土)グランドハイアット東京 ボールルーム
チケット:86,400円(税込)

関連記事リンク(外部サイト)

YOSHIKI(X JAPAN)×高見沢俊彦(THE ALFEE) 20年ぶりのメディア共演が実現!
『関ジャム 完全燃SHOW』THE ALFEE名曲に挑戦、錦戸&丸山が高見沢との美しいハーモニーを披露
THE ALFEE『ぶらり途中下車の旅』エンディングテーマ書き下ろし

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP