ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

48才女性 結婚10年目で夫との距離縮まらない理由気づく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 結婚できない男女が増えるなか、仮に結婚できてもそう簡単ではない。48才のパート勤務の女性Fさんは結婚10年目にして、やっと幸せを感じている。Fさんが告白する。

 * * *
 38才の時、親の意向でお見合い結婚をしました。結婚後に、口数が少ない人だということや、趣味が合わないことなどがわかっていきました。でも、「器量の悪い私なんかと結婚してくれたんだから、それだけでありがたいんだ」と思い込もうとしました。でも愛されたいという欲求はどうしても消えませんでした。

 数年後、私は仕事先の男性と仲よくなり、次第に、「この人ともっと早く出会っていれば」という思いが強くなっていきました。そしてついに彼からの告白。プレゼントまでもらい、初めて男性と相思相愛になれたと思いました。とはいえ、私は既婚者。その日は返事をせずに帰りました。

 ドアを開けると、めずらしく夫が先に帰っていました。仏頂面の夫に「遅い!」と叱られ、ムッとしてしまいました。しかし、リビングに入ると、豪華な料理が並んでいたのです。

「結婚10周年だから」と照れくさそうに言う夫。私はすっかり忘れていました。そして、夫との距離が縮まらないのは、私が近づかなかったせいでもあることに、やっと気づいたのです。

 翌日、彼には別れを告げました。夫と過ごす時間を増やしてみると、やさしい一面がたくさん見えてきました。結婚10年目にして、“新婚”生活が始まった気分です。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
『仮カレ』主演 30才の相武紗季「電撃婚もアリだと思う」
「相手がダサイ」と姉の結婚に反対した女性が後悔した理由
下平さやかアナ 巨人・長野との結婚をテレ朝幹部に挨拶済み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。