体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドの魅力たっぷり!おすすめお土産が15選

インドの魅力たっぷり!おすすめお土産が15選
Photo credit: Eika Akasaki「北インド」

Photo credit: Eika Akasaki「北インド」

こんにちは。Compathy MagazineライターのMakiです。
インドといえば、色鮮やかなサリーを身にまとう美女、世界遺産のタージマハル、偉大なガンジス川、スパイシーな香り、、、といった魅力あふれる国。インドに行ったら、お土産も素敵なものを選びたいですよね?
今回は定番のものから、人気のサリーやアーユルヴェーダコスメ、美味しいお酒、食べ物まで一挙に紹介します。また、おすすめのお店情報も合わせてご覧ください。

1. サリー

Photo credit: Sherry J. Ezhuthachan via flickr cc

Photo credit: Sherry J. Ezhuthachan via flickr cc

インドのサリーは、なんと世界で最も古くからある民俗衣装です。一枚の布を身にまとうスタイルで様々な着方があります。色鮮やかなサリーを身にまとうインド女性がなんと美しいことでしょう! 色、素材、デザインが豊富にあるのでお気に入りの一枚を見つけて、サリーを着ながら旅をしてみては? きっと最高の旅のお土産になること間違いなしです!
バザールなら600ルピー(約1200円)から購入できるので、お手軽なものを何枚かブレゼントに選ぶのもいいですね。

2. クルタ

Photo credit: Dsvyas (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit: Dsvyas (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

インドの民族衣装といえば、サリーを思い浮かべる方が多いと思いますが、男性の民族衣装のことをクルタと呼びます。クルタは風通しがよく、ゆったりとしたスタイルで着心地が抜群! なので男性へのおしゃれな部屋着として、プレゼントに最適です。
最近ではお土産用に女性用のクルタを販売しているお店もあり、女性に人気のお土産になっています。色やデザインもたくさんあるのでチュニック感覚で着まわしもできますよ!

3. ビンディ

Photo credit: Twentyfour Students via flickr cc

Photo credit: Twentyfour Students via flickr cc

インドの女性が額の真中に付けている装飾のことをビンディと言います。伝統的には、赤い顔料で小さな丸を描きます。最近はおしゃれを楽しむアイテムの一つとして、シールになって売っています。
シンプルなものから、キラキラした宝石風の豪華なものまで多種多様にあります。シールなのでネイルの上に貼っても可愛いです! とても安価で購入できるので、大人買いできて嬉しいですね。

4. アクセサリー

 Photo credit: Kavya Bhat via flickr cc
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。