ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクがジャスティン・ティンバーレイクから首位を奪還

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクがジャスティン・ティンバーレイクから首位を奪還

 アルバム『ヴューズ』のデビューと共に、5月21日付ソング・チャートでNo,1に到達した「ワン・ダンス」。先週は、ジャスティン・ティンバーレイクの新曲「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」(今週3位)がNo.1デビューを果たしたため、一旦2位に後退したが、安定したユニット数を獲得した「ワン・ダンス」が、再び首位に返り咲いた。

 アルバム『ヴューズ』の収録曲20曲が、すべてソング・チャート100位内にランクインするという偉業を達成したが、人気曲「コントローラ」が先週の35位から22位へジャンプアップするなど、今週も引き続き17曲がTOP100位内にランクインしている。アルバム『ヴューズ』は24万枚の週間セールスを獲得して、3週目のNo.1をマークしている。

 5月13日にリリースされた、メーガン・トレイナーの2ndアルバム『サンキュー』は、今週のアルバム・チャートで3位にデビューを果たし、アルバムからの先行シングル「NO」が19位に、2ndシングル「ミー・トゥー」が39位に初登場した。5月10日にリリースされた「ミー・トゥー」の公式ビデオは、公開1週間で3000万回視聴回数を突破したが、このビデオが「身体や顔が修正されている」とメーガン自身が不満を漏らし、修正していないバージョンが改めて公開された。

 5月20日にリリースされたばかりの、アリアナ・グランデの3rdアルバム『デンジャラス・ウーマン』からは、タイトル曲が14位に上昇。次週はアルバム・チャートで3作連続の首位を狙うと共に、リリース週のプロモーション効果を受け、先行シングル「デンジャラス・ウーマン」の返り咲き、2度目のTOP10入りにも期待したいところだ。

 現地時間2016年5月22日に米ラスベガスで開催された【2016 Billboard Music Awards】の放送効果で、次週はTOP10内に2曲を送り込んでいるリアーナやジャスティン・ビーバー、17位のDNCE、24位のニック・ジョナス、26位に上昇中のP!NK、41位にランクインしているショーン・メンデスなど、アワード出演者の楽曲がランクアップすることが予想される。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、25日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ワン・ダンス」ドレイク
2位「パンダ」デザイナー
3位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」ジャスティン・ティンバーレイク
4位「7イヤーズ」ルーカス・グラハム
5位「ワーク・フロム・ホーム」フィフス・ハーモニー
6位「ドント・レット・ミー・ダウン」ザ・チェインスモーカーズ
7位「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」マイク・ポスナー
8位「ワーク feat.ドレイク」リアーナ
9位「ピロートーク」ゼイン
10位「ニーデド・ミー」リアーナ

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard Hot 100 全米ソングチャート
The Billboard 200 全米アルバムチャート
【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク1位キープならず!ジャスティン・ティンバーレイクが首位デビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。