ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤原竜也が映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で声優初挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 藤原竜也が洋画実写作品の吹き替えに初挑戦し、映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の主人公ジェイク・モリソンの日本語版吹き替え声優を務めることが分かった。

 本作は、1996年に公開された『インデペンデンス・デイ』の続編。アメリカ全土を覆うサイズへと巨大化したエイリアンの宇宙船によって、人類滅亡のカウントダウンが刻まれる中、リアム・ヘムズワース演じる主人公ジェイク・モリソンが立ち向かう。

 宇宙やSF好きという知られざる一面を持つ藤原は「プレッシャーは感じていますが、自分の声で作品の名を汚してしまうことの無いよう、しっかりと取り組ませてもらいたいと思います」とコメント。宇宙からの侵略者たちに立ち向かう勇敢なパイロットとして、人類を脅威から守り抜くキャラクターを、声優というジャンルでも持ち前の圧倒的な演技力で表現してくれるだろう。本作は7月9日より全国ロードショー。

◎藤原竜也 コメント全文
前作の『インデペンデンス・デイ』には、ストーリー・映像ともに、とにかくスケールの大きい、超大作という印象を持っています。エイリアン、巨大な宇宙船、エリア51など僕にとって興味深いものが多く、ドキドキしながら観させてもらったことを覚えています。

そうしたこともあり、今回、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の声優として、このシリーズの世界に入れることを、とても光栄に思いました。今回の映画では、20年の時を経て、更に進化したエイリアンと人類がどの様な決戦を向かえるのか、一ファンとして楽しみにしています。また、前作にも増した素晴らしい映像になっていることも期待しています。

(声優を務めることに対しては)誰もが知る超大作の続編ですので、声優として出演させていただくことにプレッシャーは感じていますが、自分の声で作品の名を汚してしまうことの無いよう、しっかりと取り組ませてもらいたいと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

『デスノート 2016』正式タイトル決定&ティザーポスターに月とLも登場……10年後に照らし出される“新世界”とは?
藤原竜也、“叫び”期待されて声優起用 VR体験に大興奮「本当にすごい」
波瑠『アンパンマン』で劇場版アニメ声優初挑戦 ブレ-ク実感なく「街中でも全然気付かれない」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP