ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

氷川きよし、オリジナル&昭和の名曲カバー収録のニューアルバム6/14発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

氷川きよしが、6月14日にニューアルバム「新・演歌名曲コレクション3-みれん心-」をリリースする。

今作はオリコンシングルチャート2位をマークした大ヒットシングル「みれん心」を含むオリジナル6曲と、昭和の名曲カバー6曲を含む全12曲を収録。A・Bタイプそれぞれジャケット絵柄、歌詩ブックレット写真の異なる内容となる。また初回限定盤となるAタイプには、シングル「みれん心」のカップリングとして収録され評判の「東京音頭」のミュージックビデオDVDが同梱されている。そのビジュアル写真も公開された。

氷川きよし コメント
6月14日にニューアルバム「新・演歌名曲コレクション3-みれん心-」を発売させていただきます。最近アルバムづくりが楽しくて、出来上がると発売が待ち遠しくて(笑)。やっと、皆様に聴いていただくことができて嬉しいです。今回も新曲「みれん心」を含むオリジナル6曲と、昭和の名曲のカバー6曲の全12曲を収録しました。

オリジナルで特におススメなのは、おかげさまで「きよしの~」シリーズ11曲目になる「きよしのへっちゃらマンボ」です。僕は前向きな意味で「へっちゃら」という言葉が好きで、マンボと組み合わせて作品を作っていただきたいなと思い、作家の先生にお願いしたところうまくミックスしていただいて、コンサートで老若男女、幅広い世代の方に盛り上がっていただける楽しい作品が出来上がりました。恋の歌ですがふられても暗くならず、楽観的で「明日があるさ!」という主人公がいいですね。

そして昭和の名曲のカバーでは、今回あの大喜劇王であり名俳優、植木等さんの「スーダラ節」に挑戦させていただきました。聴いて楽しく遊び心のある曲で、今も別の意味での自由はあるけど本当に自由でのびのびしていて、「昭和は良かった」と思わせてくれるような作品です。このほか、古賀メロディーから「酒は涙か溜息か」「新妻鏡」、股旅演歌の名曲「次男坊鴉」、千昌夫さんの「望郷酒場」、そして事務所の先輩・山川豊さんの35周年を後輩として一緒にお祝いさせて頂きたいという意味を込めて「流氷子守歌」を収録させて頂きました。

今回もジャケット、ブックレットの写真違いの初回完全限定盤と通常盤の2タイプがあり、初回盤には「東京音頭」のDVDが付いています。花柳糸之先生に”きよし版”の振りを新しく付けて頂いて、ミュージックビデオと振り付けレッスンビデオが収録されています。これから夏・秋に向けて、お祭りで是非振りを覚えて踊っていただきたいです!

遊び心あり!切なさあり!男気あり!ふるさとあり!のアルバムです。皆様、ぜひ聴いてください。

リリース情報
アルバム「新・演歌名曲コレクション3-みれん心-」
2016年6月14日発売

Aタイプ[初回完全限定スペシャル盤](CD+DVD)COZP-1184-1185 3,333円+税
「東京音頭」のMV(DVD)付き!!
※豪華歌詩ブックレット
※ステッカー封入(Aタイプ絵柄)

Bタイプ(CD)COCP-39623(MT)COTA-5517 2,870円+税
※豪華歌詩ブックレット
※ステッカー封入(Bタイプ絵柄)

収録曲目
M01 黒潮海流 作詩:万城たかし/作曲:宮下健治/編曲:伊戸のりお
M02 奥入瀬旅情 作詩:仁井谷俊也/作曲:樋口義高 /編曲:若草 恵
M03 おとこの街道 作詩:菅 麻貴子/作曲:桧原さとし/編曲:丸山雅仁
M04 きよしのへっちゃらマンボ 作詩:仁井谷俊也/作曲:宮下健治/編曲:伊戸のりお
M05 二度泣き橋 作詩:喜多條 忠/作曲:大谷明裕/編曲:伊戸のりお
M06 みれん心 作詩:志賀大介 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお
M07 酒は涙か溜息か 作詩:高橋掬太郎/作曲:古賀政男/編曲:石倉重信(オリジナル歌唱:藤山一郎)
M08 新妻鏡 作詩:佐藤惣之助/作曲:古賀政男/編曲:石倉重信(オリジナル歌唱:霧島 昇)
M09 次男坊鴉 作詩:萩原四朗/作曲:倉若晴生/編曲:石倉重信(オリジナル歌唱:白根一男)
M10 スーダラ節 作詩:青島幸男/作曲:萩原哲晶/編曲:石倉重信(オリジナル歌唱:植木 等)
M11 望郷酒場 作詩:里村龍一/作曲:桜田誠一/編曲:伊戸のりお(オリジナル歌唱:千 昌夫)
M12 流氷子守歌 作詩:池田充男/作曲:曽根幸明/編曲:石倉重信(オリジナル歌唱:山川 豊)

関連リンク

■氷川きよし 日本コロムビア公式サイトhttp://columbia.jp/hikawa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP