体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コールマン広報さんにきいた! キャンプやBBQに持っていくと助かる日用品10選

番外編キャンプシーン

「ああ~! こんなときにいつも使ってるアレがあればいいのに!」

屋外での楽しいキャンプやバーベキュー。念入りに準備しても、イザとなったら、普段使っている日用品を持って来ればよかった、と思った経験はありませんか?

関連記事:
コールマン広報が教える キャンプへ持っていくと役立つアイテム10選
http://getnews.jp/archives/1465562

コールマン広報が教える“バーベキュー”に持っていくと役立つアイテム10選
http://getnews.jp/archives/1465564

【キャンプ・バーベキュー】の経験値もなくレベルが低い……何をもっていけばわかりません!

記者の【キャンプ・バーベキュー】はレベル1。
キャンプ手慣れてるどころか、ネットで遊んで漫画読んでる引き込もりがちの毎日!
ゲームで例えるならば、布の服とこん棒以外持っていません。町へ出かける以外にできないような初心者です。薬草も宝箱へいれっぱ。忘れていそうです。

ここはひとつ【キャンプ・バーベキュー】レベル99の達人・プロフェッショナルを召喚することに。持っていくと便利なものをきいてみましょう。

アウトドアメーカー『コールマン』の広報さんにイザ持っていくと助かる日用品やミニアイデアを教えていただきました。

コールマン広報さんにきいた! キャンプやバーベキューに持ってくと便利なアイテム

1)サランラップ

ココがポイント!
食器にラップをかけ、そこに料理を盛り付けます。使用後はラップを捨てれば洗い物ゼロ! 非常時にも使えて、節水にも繋がります。

2)ティッシュ、キッチンペーパー、ウエットティッシュ

ココがポイント!
鼻をかんだり、手をふく以外に、食器に残った油汚れなどをふき取ると、洗い物がラクになります。(※キャンプ場の水場では、お湯が出ない所もあるため)

3)ブルーシート、大きなゴミ袋

ココがポイント!
もしもの雨の際、ブルーシートを車内に広げるたり、濡れた物を包む、ゴミ袋に入れることで、車内を汚さずに済みます。
雨でなくても、車から荷物を下す時に敷いて、荷物を汚さずに済みます。

4)クーラーボックスやソフトクーラーを数種類用意する

色別クーラー① 色別クーラー② 色別クーラー③

ココがポイント!
頻繁に開閉するドリンク類をまとめたクーラーや、調理時にしか開閉しない食材類をまとめたクーラーは種類を変え、保冷力が低下しないようにします。その際、飲み物は青いクーラー、食材は赤いクーラーなどの色分けをすると、小さい子供にも分かりやすくなります。
※ペットボトル飲料を凍らせて、保冷剤に。溶けたら翌日の飲み物に回せます。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。