ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『とと姉ちゃん』に現代社会が直面する家族問題解決のヒント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』がスタートから平均視聴率20%超えを連続で記録するなど、大人気となっている。温かく描かれる家族の姿が大きな魅力であるこのドラマだが、その一方で『とと姉ちゃん』を見ている私たちの社会は今、かつて当たり前と思われていた「家族を持つこと」すら難しくなってきている。「婚活」という言葉の生みの親でもある家族社会学が専門の中央大学文学部教授・山田昌弘さんはこう指摘する。

「若者は1980年代までは高い経済成長率のおかげで、結婚後も親以上の生活水準が期待できました。しかし、今は結婚後に親以上の生活を送れず、中流生活から転落する恐れが強まっています。そのため、“生活水準が下がる人となら結婚しない”などと考える若者が出現しているのです。そうやって自らの意思で結婚しない人がいる一方で、お見合いをしたりと婚活にいくら励んでも結婚できない人も少なくない。完全に二極化が進んでいます」

 実際、2010年の国勢調査によると、全年代で未婚率が上昇している。30~34才の男性で、2000年は約43%だったのが、10年後の2010年は、47%に増加。30~34才女性では約27%(2000年)から約35%(2010年)に増えた。ニートやパラサイトシングルといった言葉に代表されるように、経済力のない人は困窮し、結婚するどころか、親元から独立できずにいる。

 ならば念願叶って家族をつくれば幸せかといえば、さらなる不幸が待っていた──そう思わずにはいられない事件も多発している。

 警察庁のまとめによると2003年までの過去25年で親子、配偶者同士など「親族間」の殺人は検挙件数全体の40%前後で推移してきたが、2004年に約45%に上昇。2012年、2013年までの10年間でさらに増加し約54%となっている。東京家政大学名誉教授・樋口恵子さんは、家族間の争いが急増している原因をこう分析する。

「長寿社会で、家族とつきあう時間が物理的に長くなってしまい、ギクシャクするようになりました。また、昔はきょうだいも多く、家族の中で集団を形成したり近所の人たちとのつながりもありましたが、今はそれがない。家族関係が純化しすぎて難しくなってしまったんでしょうね。家族がうまくつきあっていく新しい文化を、今われわれが作り出さなければならない」

 いつしか、「家族だから」といって、他人には当たり前に取るコミュニケーションを省き、「わかってくれているはず」とか「あなたのために」などと一方的な自分の思いを押しつけていなかったか。常子たちが交わす家族の間の濃密な会話に、そんな反省も湧き上がる。

 そこで必要になるのは、相手を思うことではないだろうか。相手が家族だろうが他人だろうが、主人公・小橋常子が、そしてモデルとなった大橋鎭子さん(雑誌『暮しの手帖』創刊者)が、変わらず真摯に向き合って幸福な関係を築いていったことに、私たちが直面する家族問題を解決するヒントがある。だからこそ『とと姉ちゃん』は私たちの胸を打つのだろう。

「どうしたもんじゃろのぉ」。家族が困っていたら、勝手に慮るのではなく、声をかけて、一緒に考えよう。そしてできる限りのおせっかいをしよう。いつまでもいるように見えて、いついなくなるかもしれないのが、かけがえのない家族なのだから。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
綿矢りさ氏 新刊で同棲と結婚に関する男女のすれ違いを描写
がん難民コーディネーターと在宅医療従事医師による対談集
披露宴前に親戚・友人が「0次会」すれば成田離婚はない?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。