ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気分に合わせて選べるロサンゼルスのビーチ6選♡あなたの好みの海がきっと見つかる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ西海岸随一のビーチタウン、ロサンゼルス。

一年のほとんどが晴れ、夏でも暑すぎず過ごしやすい気候のロサンゼルスには毎年多くの人がバケーションに訪れます。

今回はロサンゼルスの有名なビーチからローカルなビーチまでご紹介します。
 

サンタモニカビーチ

ロサンゼルス1有名で観光地としても人気のビーチ。巨大な桟橋には遊園地やレストランがあり、映画の舞台としても有名です。

ビーチの周りにはショッピングのできる大きな通りがあり、人気のショップやデパート、飲食店もたくさんあるので友人同士、家族連れ、誰もが楽しめる場所です。

遊泳目的でなくても、ショッピングや食事のついでにビーチでサンセットを見て帰るなんてコースもおすすめです。

年中賑わう場所。

サンタモニカビーチはメトロバスの720番(Wilshire Blvd)、704番(Santa Monica Blvd)から。

今年5月末にはユニオンステーションから電車も通るのでアクセスするのに大変便利です。

 

ベニスビーチ

アートやスケートカルチャーが好きな人におすすめのビーチがこちら。

すぐ隣のサンタモニカビーチとは全く違った雰囲気を醸し出し、少し怪しい雰囲気もアメリカらしくて魅力的。

週末にはサンタモニカとベニスをつなぐボードウォークに大道芸や露店がたくさん集まり、賑わいます。

映画”ロードオブドッグタウン”で使われたベニススケートパークがあるのもここ。いつも多くのスケーターたちが練習やパフォーマンスをし、周りでそれを眺める人が多く集まります。

スケートができなくても、ベニスビーチに訪れる際は是非立ち寄ってみて下さい。

サンタモニカでレンタサイクルをして、ベニスまでサイクリングするのもおすすめ。

レンタサイクルサイト 1日$20~ 2時間$15~

 

マリブビーチ

ロサンゼルス市内からは車で一時間半ほどかかりますが、サンタモニカ山脈に囲まれた、自然を感じられるマリブのローカルなビーチがこちら。

静かで美しくいつも人が少ない穴場。高級住宅街でセレブの邸宅や別荘も多くある場所です。

他のビーチに比べてかなり控えめ。自然が好きで時間をゆっくり過ごしたい人やカップルにおすすめです。

近隣では、贅沢にシーフードを楽しめるお店がローカルに人気です。

また世界中から多くのサーファーが訪れる場所なので、サーフィンをする人には憧れのビーチではないでしょうか?

 

レドンドビーチ

ロサンゼルス国際空港からほど近いビーチ。 大人気ドラマ、The O.Cの舞台になった桟橋のダイナーがあるのはここです。

桟橋には手軽にシーフードを楽しめるショップが多く並び、テーマパークのよう。平日でも多くの人がシーフードとビールを楽しんでいます。小さなビーチの割には比較的にぎやか。

近くには日系タウンのトーランスがあるので、日本食が恋しくなったら立ち寄るのもいいですね。

 

マンハッタンビーチ

Manhattan Beachさん(@manhattan.beach)が投稿した写真 – 2016 5月 13 6:14午後 PDT

ビーチの周りにはかわいいカフェやアイスクリーム屋さん、お洒落なショップが並ぶヨーロッパ調の街並みが特徴。

他のビーチとは全く違った印象があり、映画の舞台に飛び込んだような気分を味わえます。

桟橋も大きくて気持ちよい。ローカルにも人気で、アイスクリームを片手にビーチの周りを散歩したり、ショッピングするのも十分に楽しめます。

個人的に一番好きなビーチです。

 

ニューポートビーチ

ロサンゼルスの隣、オレンジカウンティーにあるビーチ。 ドラマOCの舞台になった高級住宅地の近くにある落ち着いた雰囲気のビーチです。

ビーチまでの道のりは大きな邸宅が並び、OCファン見ているだけでわくわくすることでしょう。

 

まとめ

all photos by Makoto Nanno

いかがでしたか? それぞれに魅力があるロサンゼルスのビーチ。

気分に合わせて立ち寄ってみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

パリよりフランスを感じられる街!世界遺産の街「リヨン」の見所5選
卒業旅行でヨーロッパに行くならイタリア北部ミラノを拠点にしよう
ズボラ女子でも、これだけは必須。女性旅人15名が選ぶ「旅の必需品」とは
日本人からは縁遠い国「ロシア」が実は女子旅にオススメな6つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP