体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

向上心よりも、しあわせな今を守りぬけ!考えさせられる「3つの真理」

エジプト出身の女性、ラニア・ナイムは「Thought Catalog」にこう書きました。

価値あるものを手に入れたのなら、それ以上を求める前に守るべきだ。

そのストレートな言葉は、日頃「改善」を意識している人ほど、考えさせられるところがあるかもしれません。以下、彼女の記事を紹介します。
向上心よりも、しあわせな今を守りぬけ!考えさせられる「3つの真理」

まずは守ること。話はそれからだ。誰か、周りに奪おうとしている人はいないか確認しよう。その価値に気づいたら、むやみに他人へと教えてはいけない。それを安く転売しようとする人が現れるだろう。あなたの価値ある行動に疑いを持たれてはいけない。それを失うことが、どんなに恐ろしいことかを話してはいけない。

何か価値あるものを手に入れた時は、失うリスクを避けることだ。

01.
手に入れたものを、
とことん愛そう。

向上心よりも、しあわせな今を守りぬけ!考えさせられる「3つの真理」

何か価値あるものを手に入れたら、まずは愛そう。親切にしよう。不完全なところや傷口は見ないこと。完璧を求めずに、見つけ出した時と同じように愛して、目を離してはいけない。出会って間もない頃、一晩中恋い焦がれていたときのように。

手に入れた後も、そうしたいと考えていたときを思い出し、同じように愛そう。それをなぜ買ったのかわからなかったとしても、なぜそんなに欲しいと思ったのかわからなかったとしても、手に入れたことを喜ぼう。

手放そうか、なんて考えないことだ。それは、決して当たり前にあるものではないのだから。

02.
今を理解しよう。

向上心よりも、しあわせな今を守りぬけ!考えさせられる「3つの真理」

自分が手に入れる前に、それが誰のものだったのかを考えよう。たとえば、住んでいる場所だ。手入れが行き届いていたのか、それとも野放しだったのか。その歴史を理解しよう。どうやって作られたのかを詳しく知り、どうして価値あるものになったのかを知ろう。

物事を深く掘り下げよう。なぜ、それを持つべき人間が自分だったのだろうか。なぜ、あなたの手の中にあることが、そのものにとって安全だと言えるのだろうか。

何か価値のあるものを手に入れたら、その希少性に尻込んではいけない。貴重なモノは、貴重な家を見つけるものだ。

03.
向上心よりも、
しあわせな今を守りぬけ。

向上心よりも、しあわせな今を守りぬけ!考えさせられる「3つの真理」

本物を手にした時、比較していけない。安物や偽物と比べるなんてもってのほかだ。新しいモデルや色違いに惑わされてはいけない。なぜ自分がそれを欲しいと思ったのかを忘れてはいけない。

いつも「より良いもの」を見ていては、今持っているものに感謝する日は一生来ない。すでに最高のものを持っていたとしても、一生気づかないままだ。

Article originally published on Thought Catalog.
For more information about Thought Catalog, check out Thought.is or follow them on Instagram here.

Licensed material used with permission by Thought Catalog

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。