ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒーはポリフェノールたっぷりのダイエット食品だった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コーヒーには何となく不健康なイメージがありますが、実はポリフェノールが豊富な食品です。コーヒーに含まれるのはクロロゲン酸というポリフェノール。ここではクロロゲン酸の健康と美容にいい効果をご紹介します。

コーヒーに含まれる“クロロゲン酸”とは?

クロロゲン酸はポリフェノールの一種です。ポリフェノールとは、植物の色や苦み渋みのもとになっている物質で、緑茶のカテキンやブルーベリーンのアントシアニンなどが有名です。コーヒーはカフェインと思っている方も多いですが、クロロゲン酸はコーヒーの5~10%も占めていて、カフェインよりも多く含まれているのです。ポリフェノールの種類はいろいろですが、共通しているのは抗酸化作用が高いこと。もちろんクロロゲン酸も同じなので、コーヒーを飲むことで活性酸素を除去して、若々しさや健康な体を維持する効果が期待できます。

その他にも“クロロゲン酸”の効果はこんなにある!

クロロゲン酸の効果は、幅広くあることが分かってきています。ここでは、クロロゲン酸の効果・効能をご紹介します。

◯ダイエット効果

クロロゲン酸には脂肪の蓄積を抑える働きがあります。もちろんダイエット効果もバッチリですが、メタボを解消する健康効果も見逃せません。

◯血糖値の上昇を抑える

食事によって血糖値は上昇しますが、急上昇してしまうとそれを下げるためにインスリンが大量に分泌されてしまいます。インスリンには余分な糖を脂肪に代えて体内に蓄積する働きがあるので、太りやすくなってしまうのです。もちろん血糖値の上昇から引き起こされる糖尿病も心配。クロロゲン酸には血糖値の上昇を抑える働きがあるので、食前にコーヒーを飲むのがおススメです。

◯糖分の吸収を遅らせる

クロロゲン酸には糖の吸収を抑える効果があります。つまり、ダイエット中の方にもコーヒーはおススメできる飲み物なのです。

クロロゲン酸はコーヒーのほかにも春菊、ジャガイモの皮、ゴボウ、ナスなどに含まれていますが、コーヒーからの摂取が最も簡単です。ただし、コーヒーの焙煎が強いとクロロゲン酸の量が減ってしまうので、できるだけ浅煎りのコーヒーを選んだ方がいいでしょう。美容にも健康にもいいといっても、飲み過ぎは逆効果。飲む量は最大でも1日3~4杯に抑えましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP