ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西海岸に行くならサンディエゴが面白い!エリア別の楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫


【アウトドア女子旅】サンディエゴでビーチ&観光のんびり満喫2日間!

Compathy Magazineライターの、毎月世界を旅するワールドトラベラーKANAです。

今回はカリフォルニア観光局が主催するメディアFAMツアーに参加してきました。

年間を通して過ごしやすく、ビーチもシティもどっちも楽しめるロサンゼルス。多くの人に愛されるロサンゼルスに行くなら、サンディエゴも行かなきゃもったいない! ロサンゼルスから車で2時間ほどで着くサンディエゴは、他のカリフォルニアの地域とはまた違ったゆっくり穏やかな時が流れるビーチタウン。

深い青の輝く海岸もあれば、飲み歩きが楽しいシティもあり、メキシコ情緒溢れるタウンもある。カリフォルニアの最南端サンディエゴならではの、まったりのんびり過ごすビーチタウンライフ。ではさっそく、エリア別の特徴をご紹介しましょう。

宝石のような輝く街 ラ・ホーヤ

宝石のような街とも呼ばれるラホーヤは、サンディエゴの中でも落ち着いた高級リゾートエリア。特に「ラ ホーヤコーブ」は必見! 輝く海岸の絶景を堪能できるだけではなく、なんとアシカやアザラシを間近で見ることができるのです。ロサンゼルスとは海の色が違い、鮮明な群青色の水と白い波のコントラストはこの上なく美しい!

大自然でアウトドアを満喫 トーリーパインズ

【アウトドア女子旅】サンディエゴでビーチ&観光のんびり満喫2日間!
サンディエゴはアウトドアの旅を楽しむにも適した街。トーリーパインズは人気のハイキングスポットです。 登りきった頂上からは、サンディエゴを一望できる絶景が待っています。

トーリーパインズ グライダーポートは、輝くスカイブルーの海岸上を爽快に飛び回る、ハンググライダーを体験できる大人気観光名所。思いっきり体を動かして大自然を満喫しましょう!

ビーチリゾートを楽しみたいならミッションベイ

【アウトドア女子旅】サンディエゴでビーチ&観光のんびり満喫2日間!

海岸沿いのサンディエゴに来たら、やっぱり行きたくなるのはビーチ。ミッションベイには、ファミリーや友達同士など大勢で楽しめるヴィラ滞在型リゾートホテル「パラダイス ポイント リゾート&スパ」や、遊園地付きのワイワイ賑やかなミッションビーチがあり、リゾートラバーには格好のエリア。ビーチリゾートライフを送りたいならミッションベイへ。

ナイトライフが盛り上がる ダウンタウン

【アウトドア女子旅】サンディエゴでビーチ&観光のんびり満喫2日間!

ダウンタウンはメインストリートを中心に、レストランやバーがひしめく街歩きが楽しいスポット。特に夜は、レストランも照明が暗くなりミュージックもかかって賑やかな雰囲気に。 ナイト用にドレスアップした人々で街が一層活気づきます。

なんといっても飲み歩きが楽しい! 地元在住のグルメ通おすすめな人気レストラン「RUSTIC ROOT」のメニューにある、ボリュームたっぷりのラムシャンクは必見! ポークチョップやロブスターのパスタなど、どれも「おいしい~!」と思わず声が出てしまう絶品です。

ローカル感を楽しみたいならヒルクレスト

【アウトドア女子旅】サンディエゴでビーチ&観光のんびり満喫2日間!

ヒルクレストはゲイバーがひしめくゲイタウン! と言ってもそれだけではなく、ヒルクレストのファーマーズマケットは必見。おいしいローカルフード食べ歩きが楽しい! 

お土産に地元産のジャムやヘンピオイルのスキンケアグッズはいかが? 周りには、のんびり朝食を楽しめるローカルカフェも揃ってます。ローカルの雰囲気を味わいたい時はヒルクレストへ。

他にもサンディエゴは、メキシコ情緒溢れるエリアなど見処満載!ロサンゼルスとはまた違ったのんびり癒されるビーチタウンへ、ぜひ足を運んでみてくださいね!

◆文・写真:KANA(Instagram@xxxkanaaaa)

(旅フォトジャーナリストとして世界を飛び回る。各国の人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)

この旅の関連旅行記

*KANA「【アウトドア女子旅】サンディエゴでビーチ&観光のんびり満喫2日間!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP