ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

街のみんなから出産祝いが届く? 横浜・戸塚から始まる新しい試み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北欧の国・フィンランドでは、赤ちゃんが生まれると、育児用品をまとめた「ベビーボックス」が家庭に届くという。横浜市戸塚区で、このベビーボックスのように「日本にも子育てを応援する文化」を根付かせたいと、街全体で出産祝いを贈り、その過程で文化を醸成していくプロジェクトが始まった。その内容と背景を紹介しよう。

子育てグッズに加えて、お守り(背守り)などが届く!

「公園に行けば、子どもの声がうるさいといわれる」「ベビーカーを持って電車に乗ると、嫌な顔をされる」「どこのお店にいっても周囲に気を使い、謝りながら帰ってくる」……。そして、何より「どこにいけば孤独な育児にならないのか、分からない」といった「”孤”育て」について、悩んでいるママ・パパが圧倒的に多いということをご存じだろうか。

2014年、横浜で子育て中の母親たちが集めたアンケートには、上記のような声が寄せられたという。こうした状況を変えるために今、一番必要なのは「あたたかいまなざし」等に代表されるような「子育てを応援する文化」ではないか、という結論になり、横浜市戸塚区で始められたのが「ウェルカムベビープロジェクト」だ。

このプロジェクトは、赤ちゃんが生まれた家庭が申し込みでき、無償で街からの出産祝いが受け取れるというもの。また、単なる市販品をボックスにつめるのではなく、「本当に役立つかどうか」などと、選考会の基準をクリアしたもののみを贈ることに加え、「背守り」という地域の人がつくったお守りや、「サービス」(家事代行、おしゃべり会やコンサートの招待券)などが含まれるのが特徴だ。

2016年4月から運用をはじめたため、4月1日以降に生まれた子どもを対象に申し込みを受け付け、順次、この「出産祝い」を家庭に届けていくという。子育て中の筆者からすると、「これは戸塚の人がうらやましい……」というのが本当のところ。ちなみに、取材時(4月15日)の段階では、開始直後のため申し込みは数件程度だったが、問い合わせなどが、頻繁に入っているとか。

「里帰り出産しているお母さんたちが、戸塚の自宅に戻ってきて申し込むことも考えているので、これから数が増えると思います」と話すのは、仕掛け人であるNPOこまちぷらすの代表森祐美子さん。しかも今回のこのプロジェクト、税金などは使わず、民間主導で行っているという。企業として協同で参画しているのが、地方で「高齢者見守り支援」などの実績がある、ヤマト運輸。プロジェクトに携わったのは、ヤマト運輸の神奈川主管支店 石原克己さんだ。では、どのようにしてこのプロジェクトが生まれたのか、その背景を聞いていこう。

【画像1】出産祝いに入っている背守りの例。模様がたくさんあり、それぞれに意味があるのだとか。現在、「とつか背守り会」で、ひと針ずつ、思いをこめてつくっているのだという(撮影:嘉屋恭子)

【画像2】背守りをワッペンのようにつけた例。これはカワイイし、受け取った側も愛着が湧くはず(写真提供:こまちぷらす)

ママ・パパは、「世間の冷たい視線」を気にしている!

「そもそも、私どもが出会ったのは横浜市の企業マッチングがきっかけでした。高齢化や少子化、あわせて地域活性化のために、何か協同でできたらおもしろいね、というのが始まりです」(石原さん)

その間、ミーティングのなかでどちらともなく出てきたのが、フィンランドのベビーボックスだった。

「ただ、届けたいのはモノではなく、思いであり、『赤ちゃんようこそ』『お母さん、がんばっているね』という地域のあたたかい目、空気なんです。というのも、冒頭に申し上げたとおり、私どもが行ったアンケート(横浜市の子育て中の1562人を対象にしたもの)では、『子育て支援で何が必要ですか?』という質問に対しての答えの第1位が、『子どもを生み育てやすい地域のあたたかい目』だったんです。

『子どもの声は騒音か』という問題に象徴されるように、今、子育てしているお母さんたちは、本当に肩身の狭い思いをしている。そうではなく、“地域の商店や企業も、子育てを応援しているよ”という思いを、届けたいんです」と森さんは力をこめる。

ヤマト運輸の石原さんは「弊社には物流や配送のノウハウがあります。また運送スタッフは、インターホンを押すだけでなく、顔を見て、様子を知ることもできる。宅配を通じた見守りですね。こうした、地域とのつながりがうまれることが非常に大切だと考えています」と話す。

筆者も身に覚えがあるが、運送会社をはじめ、地域の人と話す、会話できることが、本当に育児中の息抜きになった。今回のプロジェクトのなかでも、「家事代行を利用した人が、掃除はいいから話相手になってほしい、といわれたことも。それくらい、お母さんたちは、孤独感を強めているんですよ」と森さん。

そのため、手間はかかるものの「地元の商店が提供するサービス」や地域の人がつくった「背守り」を、ボックスに入れ、「地元とのつながり」がうまれるような仕掛けをしているのだとか。

「背守りは、洋服のワッペンにしたり、よだれかけに縫い付けてもいいと思います。これを持っているお子さん、お母さんがいたら、地域の人が『コレ、私がつくったのよ』『大きくなったね』なんて話かけて、会話が自然に弾んだら、理想的ですね」と森さん。

【画像3】ヤマト運輸の石原さん(左)とこまちぷらすの代表森祐美子さん(撮影:嘉屋恭子)

【画像4】「とつか背守り会」で背守りをつくっている様子。手作業をしながらの会話も盛り上がるのだとか(写真提供:こまちぷらす)

目標は「子育てをしやすい文化」をつくること

気になるのは、今後の展開だ。横浜市戸塚区以外でも、出産祝いが受け取れるようになるのだろうか。

「私たちの目標は、『子育てしやすい地域や文化をつくること』。そのため、戸塚での取り組みは、数年でやめるつもりはありません。また、できる限り長く続けるためにも、税金や補助金に頼らないスキームをつくったんです」と石原さん。

「私も石原さんと同じく、息の長い取り組みにしていくことが大切だと思っています。ただ、ノウハウができたので、地域ごとに活動しているNPOなどが主体的に地域の商店街や企業とコラボして、新しい展開ができたらいいですね」と森さんは話す。

「子どもは社会の宝」とは、昔からいわれてきた言葉。個人が街なかでいきなりモノをあげることはできないが、もし、周囲で小さな子どもを連れたお母さん、お父さん方がいたら、せめて「あたたかい言葉」をプレゼントしてみたらどうだろう。きっと喜ばれるはずだ。●ウェルカムベビープロジェクト
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/05/111462_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

よみがえれ「ぶらくり丁」、頑張れ「リノベーションスクール@和歌山」
ポートランドに学ぶ[1] コンパクトで人と環境にとことん優しい街
ポートランドに学ぶ[3] 賃貸住宅は新興住宅地から築100年まで多彩

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP