ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で貧しさは恐怖のため金銭で安心感得ようとする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1970年生まれのジャ・ジャンクー監督は、この10年、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの三代映画祭を席巻し、若くして中国を代表する映画監督となった。その最新作が『山河(さんが)ノスタルジア』、中国の過去、現在、未来を照らす意欲作だ。作品の日本上映を機に来日したジャ監督に、ジャーナリストの野嶋剛氏がきいた。

≪「山河ノスタルジア(原題:山河故人)」は、改革開放の絶頂期である1999年、現代の2014年、近未来の2025年という「三つの時代」に、男女3人の主人公が歩んだ悲喜こもごもの道のりを描いた作品である。≫

 作品には、2つの歌が流れる。中国の歌ではない。そこに中国を代表する映画監督となったジャ監督の「時代」への思いが漂っていた。一つは「Go West」。もう一曲は「珍重」。「Go West」は1990年代に一世を風靡した英国のディスコソングで、「珍重」は同時期に香港の人気歌手、サリー・イップが歌った流行歌である。

──なぜ、この作品でこれらの歌に意味を持たせようとしたのでしょうか。

ジャ・ジャンクー(以下、ジャ):脚本を作るとき、1999年の話を最初に書きました。中国にとって改革発展の加速を象徴する年です。当時の時代の空気を振り返ってみたら、突然、ディスコを思い出したのです。私が北京電影学院で勉強していたとき、大学の隣に『NASA』という名前のディスコがありました。ディスコ文化はやがて北京から全国に広がり、中国の若者が夢中になる娯楽になったのです。

 もう一つの『珍重』には、中国語で、相手を愛おしむ、という意味があります。最近の中国人は『愛している』とか『かわいい』という単純な感情表現ばかり好みますが、本当は人間と人間の関係はもっと複雑で重いものです。この曲は相手と自分との間の微妙な感情を大切にする気持ちが残っていた時代を象徴しています

──「珍重」は、広東語の曲ですが、あの時代、中国人はみんな広東語の歌が大好きでしたね。中国人は、監督の言われる「愛おしむ」という気持ちを、徐々に失ったということでしょうか。

ジャ:私もこの曲をいつも聞いていた一人です。中国ではいま、一人ひとりが自分のことに忙しく、生活のリズムが速くなり、プレッシャーを抱え、野心だけが大きくなりました。この野心はつまるところ金銭です。人々はお金を朝から晩まで追いかけるようになりました。

 理解はできます。中国は長く貧しく、人々にとって貧しさは恐怖であり、金銭で安心感を得ようとしています。その結果、家族の感情、友人との感情が疎かになったのです。

≪映画の舞台は、ジャ監督の出身地であり、ジャ監督の映画ではおなじみの山西省。作品で主役「タオ」を演じるのはジャ監督の妻でもある名女優・趙濤(チャオタオ)。ともに彼女を慕う「ジンシェン」と「リャンズー」という男性とともに、3人の運命の変転が、この映画の見どころである。≫

──「ジンシェン」は、改革開放の波に乗って炭鉱ビジネスで大金を掴み、「リャンズー」は炭鉱夫として肺の病気に冒され、命の危険にさらされます。この2人の対照的な人生こそ、中国の格差問題だと実感させられます。

ジャ:2人の出発点は同じです。友人で同郷、一緒に遊び、笑っていた。しかし、改革開放政策の結果、貧しい人はさらに貧しくなり、豊かになる人は想像を絶する富を手にし、中国社会には巨大な分裂と激烈な対立が生じました。

■撮影/五十嵐美弥

●ジャ・ジャンクー/1970年、中国山西省生まれ。北京電影学院の卒業制作で、出演者すべて素人の『一瞬の夢』が1998年のベルリン国際映画祭の最優秀新人監督賞を受賞。以降、『プラットホーム』『青の稲妻』『長江哀歌』などで国際映画祭を席巻。前作は中国で起きた4つの暴力事件を描いた『罪の手ざわり』。

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
毎日映画コンクール授賞式 綾瀬はるか、長澤まさみ、ももクロ登場
中国映画市場 前年比36%増で日本を抜き米に次ぐ世界2位に
黒澤明対勝新太郎 撮影現場で勃発した巨匠と天才のガチ喧嘩

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。