ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

卑劣な義父のせいで10年間別離の母娘関係を修復した通帳

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人それぞれ様々な家族の事情を抱えて生きている──。33才の主婦Aさんが、母との確執、そして関係修復を告白する。

 * * *
 物心ついた頃から、私は母と2人暮らしで、父を知りません。母は私を育てるため夜の仕事をしていて、仕方がないとわかっていても、さびしくてたまりませんでした。小学生の頃は、夜中に目が覚めると、泣きながら母を捜して外に出たこともあります。

 そんなことが続いたからでしょうか。母は夜の仕事を辞めてくれました。家にいることが増えたのですが、やがて次々と男を連れ込むようになりました。

 私が高校に上がった頃、母が「再婚したい」と言い出しました。母が選んだのは、私の体をジロジロと舐めまわすように見る男。もちろん猛反対したのですが聞いてもらえませんでした。

 ある日、母が買い物に出た隙に、義父は私の部屋に入ってきたかと思うと、いきなり抱きついてきたのです。慌てて逃げ出すと、ちょうど帰宅した母がいました。私は泣きながら、すべてを話しました。しかし、追いかけてきた義父は、「制服のスカートが短いから注意しただけ」と言い訳し、母はその言葉を受けて、「お父さんの言うことを聞かなきゃダメでしょ!」と、あろうことか私を叱りつけたのです。ショックでした。母は私の味方ではなかった──。

 私はアルバイトでお金を貯め、家を出る準備をしました。そして高校卒業後すぐ、母と義父が不在の日を見計らって、家を出ました。

 それから10年、実家に帰ったことはありませんでした。その間に結婚し、私も母親となりました。育児の大変さを実感するたび、母への思いが募り、次第に会いたくなっていきました。

 そしてある日、夫の後押しもあり、思い切って実家を訪れました。義父とは離婚したようで表札が変わっていました。チャイムを押すと、ドアが開きました。初老の母は、一瞬目を見開き、私の名を呼ぶと、涙を流しながら抱きしめてくれました。まるで壊れたレコードのように何度も謝り続けながら…。

 帰り際、母から私名義の通帳を渡されました。それは母が再婚前から、私の進学用にと、コツコツ貯めてくれていたお金でした。

 今思い返しても、別離は仕方がなかった。けれど、母との関係を修復できたことが、うれしくてしかたありません。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
バブル母 家族社割目当てアパレル企業に娘の履歴書勝手に送る
坂本美雨 4匹の猫看取った母・矢野顕子は「生きる力強い人」
無毛症の子供を思い「おそろいにしたよ」と丸坊主にした母

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP