ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド依存症になった僕が猛烈にインドへ行きたくなる5つの瞬間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさん、ナマステ。

インド、インド行きたいですよねぇ。毎日カレー食べて、道行く牛やインド人とケンカして、安宿でグダグダして…バックパッカーのインド滞在なんてだいたいそんなもん。いやぁ、気楽なもんです。

はっきり言ってしまうと、ず~っとインドで生活をしたいって人は少ないと思います。ですが、一度でもインドを訪れてしまった人はきっとたいていの方がふとした瞬間に

「インド行きてぇ!」

と思ってしまうもの。

ということで、今回は日本で生活していてインドに行きたくなるふとした瞬間をまとめました。

 

イライラを爆発させたいとき

photo by shutterstock

ストレス社会日本。仕事やら人間関係やら、とにかくありとあらゆるものがストレスとして襲ってきます。そのうえ、なかなか怒りを爆発させられる環境が日本にはないので、ストレスはたまる一方。

そんなストレスがピークに達したとき…「うーっ…インド行きたーい!」と思ってしまいます。

 

インドは日本とは別の意味でかなりストレスがたまる国ですが(暑い、ぼったくり、牛など)、ストレス発散に関してはとても簡単な国。

おつりをちょろまかしたり、ぼったくりをしかけてきたり、明らかに間違ったことをあっちからしてくるので、遠慮せずにブチ切れることができます。

 

感情を抑えて生活していると、あのぶち切れまくりの生活が懐かしく感じてしまうのかもしれません。

 

とにかく現実逃避をしたいとき

photo by pixta

仕事がつらい、プライベートが充実していない、金がない、などいろんなマイナスポイントが重なることってありますよね。

そんなとき、とりあえず心を落ち着けるために有効なのが「現実逃避」。やるべきことをひとまず置いといて妄想の世界に逃げ込んだり、ぜんぜん関係のないことをしてみたり、それである程度心が落ち着くこともあるでしょう。

 

とはいえ、この現実逃避ってのが意外と難しい。何を妄想したり考えたら、現実から逃れられるのでしょうか?意外と現実から逃れられる妄想って思いつかないものです。

 

そんなとき!ぜひインドを妄想してみましょう。道行く牛やほこりっぽい道なんて想像したら…確実に現実逃避できます。インドのリアルを妄想するだけで、日本のリアルが頭の中から飛んでいくはずです。

 

しかし、あんまりインドを利用した現実逃避をしすぎると「ぎゃー!インド行きたーい!」と思ってしまいます。

 

インド料理屋に行ったとき

photo by pixta

個人的な考えになりますが、たいていの日本人にとって、インドのレストランよりも日本のインド料理店のほうがおいしく感じると思います。というのも、日本で営業しているインド料理店はたいてい日本人の舌に合わせて味を調整しているからです。

しかし、そんなインドよりおいしいインド料理を食べている時に限って、ふと思ってしまうのです。

「インド…行きたい!」と。

 

確かに日本のインド料理はおいしいのですが…インド料理を食べていて思い出すのは、インドで食べた謎の料理の数々!

妙な臭いのするカレー、材料不明のラッシー、名前すら謎の料理などなど。そんな個性的なごはんは残念ながら日本では食べられません。

 

だから、インド料理を食べているときに限って「あの謎の料理…また食べたい。インド行きたいなぁ」なんて思ってしまうのです。

 

給料日前でカツカツのとき

photo by shutterstock

給料日前。金がない。カッツカツ。

そんなとき考えてしまうのが「くっ…インドだったらこれだけ金があれば豪遊できるのに!!」です。

 

みなさんご存じのように、インドの物価は超激安。カレー定食なんて数十円から食べられます。チャイは一杯10円以下で飲めます。

一方ここ日本では、カレー定食は少なくとも数百円。下手したら1000円オーバーもざら!チャイなんて本場では10円なのに…何十倍のお金を払わなければ、まず飲むことはできません。

 

お金がないと当然インドにいけないことはわかっているのに、それでも給料日前には「インドに行きたいよぉ…」と思ってしまいます。

 

朝起きた瞬間

photo by pixta

特になんでもない朝。いつも通り目覚ましが鳴って、目を開けたその瞬間。

 

「インド行きてぇぇぇぇぇえええ!!」

 

と思ってしまうこと、ありませんか?なんの理由もないのに、別にストレスが溜まっているわけでもないのに、目を覚ましたその瞬間にインドに行きたくてしょうがなくなる。

いわゆる「インドに呼ばれる」という状況のことだと思いますが、説明不能のこの感覚!

何が引き金になったのか全く分からない、朝一番のインド行きたい現象!

 

最終的に昼過ぎくらいに落ち着くことが多いですが、場合によっては全く落ち着かず丸一日「はぁ…インド」なんて考えていることもあります。

ただ不思議な事に、一晩寝るとこの感覚はどっかにいなくなってしまうことが大半です。

 

まとめ

たった今発見しましたが、「インド行きたい」を何度もキーボードで打ち込むとインドに行きたくなることがわかりました!

おそらく「インドに行きたい」と思う瞬間はまだまだたくさんあると思います。

 

とはいえ「行きたいな」と思っても、なかなか行けないことがほとんどではないでしょうか?現代人は忙しいですから。

でも、たまたま「インド行ける!」って状況と「インド行きたい!」って瞬間が重なったら、すぐに航空券をチェックしましょう。きっとそんなあなたのインド滞在は、とっても素敵なものになるはずですよ。

関連記事リンク(外部サイト)

【旅行者必見!】旅行者なら少なくとも1度は経験しておくべきこと8選!
「ムンバイ」では凧揚げが大流行!インドの大阪で感じたインドらしくない4つのこと
英語なんて喋れないけど、人生初の海外散髪へ!出てきた言葉は”I want to be ジャスティンビーバー”
一般人はお断り!行けないと余計気になる、世界の立ち入り禁止スポット10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP