ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

観光だけじゃ分からない…モロッコに1年間住んだからこそ見えた「6つの裏の顔」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モロッコっていいですよね?砂漠や、モスク、スーク、雑貨、タジンなどがお好みですか?でも…決してこれだけで満足しないで下さい。

私はモロッコが大好きですが、決して楽しい「観光地」だから好きなわけではありません。

ここモロッコに1年間住んでみて、痛い程に体感した「モロッコの裏」をお見せしましょう!

 

お酒売り場の威圧的な「漢(おとこ)」たち

photo by YOSO-Walk

田舎のお酒売り場は、お祭り騒ぎ!モロッコは、イスラム教の国であるにも関わらず、お酒を買うことができます。

この時点で「え!?」となりますが、実際にお酒売り場に行ってみると、さらに驚きです。

モロッコの田舎の町にはよく小さな酒屋があり、夕方の決まった時間になると閉めなければいけない仕組みになっています。

店が閉まる直前には、急いでお酒を買う人のラッシュが発生。しかも、全員、屈強な男!

 

やれ「おれの方が先に並んでた」だの、「列に横入りするな」だの、怒号が飛び交います。

ひどい時には、店の人が、レジの台の上に立って、サッカーの試合さながらに、大声で、客に指示を出す有様です(きっと、名監督になれるだろうと、本気で思います)。

女の人は、レジ打ちの店員さん以外、一人もいません。というよりも、こんな場所に、女性が買いに来るべきだとは考えられません!

 

ラマダンの前は一層、お祭り騒ぎです。お酒の販売が一定期間停止するので、「買いだめ客」が波のように押し寄せます。文字通りビッグウェーブです!

出入り口付近は、完全に満員電車状態です。

私は、顔やわき腹に何度もパンチを受けた末に、なんとか生還することができました。

一件落着。

 

スパイのようなカフェの人々

photo by Benson Kua

「モロッコ人には、国民と同じだけのスパイがいる」そんな名言を友人から聞かされた時には、冷や汗が出ました。つまり、「モロッコ人全員がスパイだよ」ということです。

カフェを見てみれば分かります。たくさんの椅子がすべて、店の外側、つまり、道に向かって並べられているのです。

そこに座る、モロッコ人たち。何をするでもなく、通りを厳しい表情で見つめる…。

 

好奇心負けて「一体、何してんの?」と友人に尋ねると、「単純さ、人を見ている」と返されました。

「あの日、あの場所を歩いてたでしょ?」と言われることが、しょっちゅうあります。「あ、見かけたの?」と聞くと、「いや、〇〇が、言っていた」と一言。

カフェの前を通りかかったら、一度見てみて下さい。どれだけのスパイが目を凝らしているかを。

 

決して悪い人ではないのですけどね。どうも、人の行動を見ることを純粋に楽しむ国民性なのかも。

アナログ監視網が張り巡らされたモロッコ…日々の言動には注意した方がいいかも?

 

クラクション全開で駆け抜ける車

photo by YOSO-Walk

モロッコの人々の運転の荒さは、「本物」です。

今はカサブランカの市内、大通りに面した場所に住んでいるのですが、しょっちゅう「事故のような」音がします。

簡単に言えば、もの凄い速度で走っていたことが分かる程の、急ブレーキ音。

(あ、今もちょうど「キュルキュル〜!!」と聞こえた…)

 

先日、友人から聞いた話では、空港から市内にある自宅まで車で移動した時、たかだか1時間で、3回事故車を目撃したそうです。笑うしかないですね。

道路を渡る時は気をつけましょう。「止まってくれる」という日本的な発想は、まず捨てます。

次に、一緒に渡ってくれそうな現地人を見つけましょう。最後に、その人に勝手に寄り添うようにして渡ります。

これで完璧です。

 

3人1組の特殊テロ対策チーム

photo by C Henrik Anderson

モロッコにはテロ対策チームがいます。例えばカサブランカであれば、3人の警察が1チームをつくり、銃を持ちながら、うろうろしているのです。

そんな彼らを見ていると、何だか不思議。

ひたすら、何も喋ることもなく、3人で歩幅を合わせながら歩いています。非常に平和そうな公園を歩いていたりして、何だかシュール。

 

ただ、忘れないで下さい!彼らは、非常に重要なのです。

日本のニュースからは全然分かりませんが、モロッコはテロ計画犯を次々と逮捕する、優秀な能力を持った国なのです。

3人1組の彼らには、感謝してもしきれません!ありがとう!

 

一向に完成しない「新築」の家

photo by YOSO-Walk

「この廃虚は…?」そう言いたくなるような家がモロッコにはたくさんあります。

実はこれ、建設途中の家。

「1年経ったけど、あの頃のままだね」と哀愁すら感じてしまう。

建設の遅さは、逆に個人的には好きです。

 

アラビア文字の絶妙な落書き

photo by YOSO-Walk

景観を崩す落書きは、嫌いです。

とはいえ、不思議なもので…中には、アートとして認められてしまう落書きもあります。

バンクシーの落書きなんかは「わ、描いてもらった、ラッキー!」というレベルですね。

 

モロッコの様々な町でも、落書きを見ることができます。無断で書かれた迷惑な落書きなのかもしれませんが、中には、美しいとさえ思えるものがあります。

例えば、アラビア語。

日本の習字と同じように、アラビア語にも文字をアートのように見せる手法が存在しています。

「いたずら」と「アート」の線引きは、難しいものですが、ふと写真に撮りたくなる「アラビア語の落書き」を探してみてはいかが?

 

ナンパ「する / される」好きのモロッコ人

photo by YOSO-Walk

ナンパのことはあまり分かりません。しかし、「モロッコのナンパ」ならよく知っています。なぜなら、毎日のように目撃するから!

典型的なのが、男2〜3人が、道を歩く女性2〜3人の横を歩きながら、声をかけまくるパターンです。

もちろんこのナンパを嫌う女性もいます。

 

しかし、面白いのは、ナンパを心の底から楽しんでいる女性グループの存在。

この前は「リアーナに似ているねー!」と男に言われた、20代半ばと思しき女性は、満面の笑みで「ありがとーう!(モロッコの言葉:シュクラーン!)」と叫んでいました。

(※正直、全く似ていませんでしたが…!)

ナンパの当事者にはどうしてもなりたくないですが…彼らがお互いに楽しんでいる分には、まあ、いいのでしょうね。

 

ハシシュを裏でやり取りするカフェ

photo by Eka Shoniya

決して見つけようとしないで下さい。

ハシシュが買えるカフェはありますが、決して探さないで下さいね。

典型的なのが、2階建てのカフェの2階部分です。

 

あるモロッコ人から「あそこのカフェでは、ハシシュが売られているらしいよ」と聞いたことがあります。本当は売ってはいけないのですが、警察が裏で、許可を出しているのですね…。

こういうものには、関わらないのが一番です。

ぜひとも「あのカフェは怪しいかも!?」と思いを巡らせる程度で楽しみましょう!

 

荒削りで、そして素敵ね、モロッコ

いかがでしょうか、モロッコは。荒削りな部分に、親しみを抱いてしまう、素敵な国ですね。

モロッコ、これからもよろしく!

関連記事リンク(外部サイト)

京都に行ったら泊まりたい!世界で3番目に愛されている「宇多野ユースホステル」の魅力
答えは「旅」だった。「本当は何がしたいの?」と自問自答を続けた日々
トラブル回避!イスラーム圏を旅する際に気をつけたい5つのこと
100ヶ国訪れた旅人が厳選!人懐っこいあなたにピッタリな6つの国

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。