ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

机の上にそっと咲く、鉛筆削りから生まれた「紙の花」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。

だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人のデザイナー・三澤 遥氏です。
以下の写真は紙の魅力を紹介する、竹尾ペーパーショウ「SUBTLE」に展示された2014年の作品。グラデーションを施した巻紙を、鉛筆削りで削りました。

世界にたった一つの、
紙の花びらたち。








そっと机の上に咲く「紙の花」。三澤氏によれば、チカラ加減によって、厚ぼったくなったり、透けるほど薄くなったりするため、一つとして同じものは生まれません。一度削ると、もう一度削りたくなるのだとか。

作品名:紙の花/PAPER FLOWER。
竹尾ペーパーショウ「SUBTLE」への出品作品。

Photo by amana group
Licensed material used with permission by 三澤デザイン研究室

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP