ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレイクの「ワン・ダンス」が全米ソングチャートNo.1に返り咲き

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ドレイクの「ワン・ダンス」が全米ソングチャートNo.1に返り咲き

 6月4日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”にて、ドレイクの「ワン・ダンス」(feat.ウィズキッド&カイラ)が先週2位から首位に返り咲き、非連続で2週目のNo.1を獲得した。先週、ドレイクからその座を奪い初登場1位をマークしたジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」は、今週3位にランクダウンしている。

 「ワン・ダンス」は5月19日までの一週間に全米で3,000万オンデマンド再生(ニールセン・ミュージック調べ)され、サブスクリプション・サービスをもとにしたストリーミング・チャート“On-Demand Songs”で5週目の首位となった。同曲が収録されたドレイクのアルバム『ヴューズ』は現在、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で3週目のNo.1となっている。

 一方、デザイナーの「パンダ」は2位をキープ。合計5週目の“Streaming Songs”チャート首位となった同曲は、米国内で4,010万回ストリーミング再生されている。特筆すべきは、週間ストリーミング数が4,000万回を超えた曲はこれまでに3曲しかなかったという点だ。2013年に1億300万回に達したバウアーの「Harlem Shake」と、アデルの「ハロー」(6,160万回/2015年)、そしてリアーナの「ワーク」(4,650万回/2016年)だった。

 先週、1位初登場となったティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」は3位へダウンしているものの、“Digital Songs”チャートにおいては2週目のNo.1となっている。同曲は11月4日に全米公開予定のアニメ映画『トロール(原題)/Trolls』からの一曲だ。同劇中でティンバーレイクは、グウェン・ステファニーをはじめ、女優のアナ・ケンドリック、俳優のジェームズ・コーデンらとともに声優を演じているほか、音楽のエグゼクティブ・プロデューサーも務めている。同サントラは9月発売予定だ。また、RCAレコードによると、ティンバーレイク自身の2013年リリースの前作に続く次のアルバムは、来年早々に到着する可能性があるとのことだ。

 今週の“Hot 100”チャートで4位につけているのは、先日の【Billboard Music Awards】でもパフォーマンスを披露したルーカス・グラハムの「セブン・イヤーズ」だ。同曲は依然として全米のラジオで最も聴かれている曲で、“Radio Songs”チャートでは4週目の1位となっている。

 【Billboard Music Awards】と言えば、同じくパフォーマンスを披露したフィフス・ハーモニーが、タイ・ダラー・サインをフィーチャーした「ワーク・フロム・ホーム」で先週6位から同チャート自己最高の5位へ再浮上している。また、“Pop Songs”ラジオ・エアプレイ・チャートでは同グループ初のNo.1をマーク。2006年にスヌープ・ドッグをフィーチャーしたプッシーキャット・ドールズの「ボタン」が首位を制して以来、およそ10年ぶりの女性グループによる1位獲得となった。

 続いてザ・チェインスモーカーズがDayaをフィーチャーした「Don’t Let Me Down」にて、同チャート自己最高位となる6位に浮上。“Hot Dance/Electronic Songs”チャートでは5週目の1位をマークしている。

 以降の“Hot 100”トップ10は、マイク・ポズナーの「I Took a Pill in Ibiza」が7位、8位はリアーナの「ワーク」、9位はゼインの「ピロウトーク」、そして10位はリアーナの「ニーデド・ミー」となっている。トップ10圏外では、リアーナをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの「This Is What You Came For」が先週15位から12位に再浮上している。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクVSビヨンセVSレディオヘッド、チャートを制したのは?
【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクが4作連続の首位デビュー、ソング・チャート共にW首位獲得
【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクが悲願の1位をマーク、TOP100圏内に20曲がチャートインする史上最多の快挙

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。