ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メガデスの元ドラマー、ニックの死を受けデイヴ・ムステインが心境語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先週末に51歳の若さで急逝したメガデスの元ドラマー、ニック・メンザに対し、同バンドの中心人物であるデイヴ・ムステインが5月22日、「ショックで、呆然としており、悲しみで気持ちの整理がつかない」などと綴った感動的な追悼コメントを公開した。

 元々はバンド・テックとして働いていたものの、1989年にその才能と人間性を認められ正式メンバーとなったメンザ。メガデスのアルバムでは、1990年の『ラスト・イン・ピース』(米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”最高23位)から1997年の『クリプティック・ライティングス』(同最高10位)までプレイし、その後袖を分かつこととなった。ムステインは「我々、兄弟みな、意見が合わない時もあったが、我々の結束は終始強固なものだった」と説明している。

 アーティストとしてのメンザについて、「非常に強力でジャジーな感覚と、予測不能な面白さを持っていた。彼は偉大なドラマーであったとともに、一人の人間として、バンドメイトとして、友人として過ごした時間はさらに楽しいものだった」と綴るムステイン。「バンドに戻るよう何度か彼と話し合ったが、様々な理由で実現しなかった。ずっと連絡は取り合っており、最近も我々のショーに彼が来ていた。彼は変わらず素晴らしい友人であり、真のプロフェッショナルで、素晴らしい人柄だった」とも加えている。

 ニック・メンザは5月21日、自身の新しいバンド“Ohm”にてロサンゼルスでコンサートをやっている最中に倒れ、その後亡くなった。死因は心臓発作とみられている。

 「メガデス・ファミリーはお互いを気遣い、ニックの子供たちをサポートする取り組みについてすぐに耳を傾けるつもりだ」と説明するムステインは、「我々ファミリーはみな繋がっており、自身や自身が愛する者たちを気遣っている」と述べている。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】アデルが2週間ぶりに首位返り咲き、3位に新生メガデス初登場
新生メガデス iTunesチャート1位の新アルバムよりアニメーションMV公開
【サマソニ】第4弾でメガデス、ピクシーズら3組が追加に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP