ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セリーヌ・ディオン、亡き夫に捧げクイーン名曲の感動的パフォーマンス披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 わずか4か月前に夫のレネ・アンジェリル(Rene Angelil)を亡くしたばかりのセリーヌ・ディオンが、【2016 Billboard Music Awards】で力強く感動的なパフォーマンスを披露した。

 ディオンが選んだ曲は、HIV・エイズの合併症で亡くなったフレディ・マーキュリーを称え、クイーンが1991年にリリースした「ショウ・マスト・ゴー・オン」だった。ラスベガスのT-モバイル・アリーナのステージでは、リンジー・スターリングのバイオリンを交えた荘厳なオーケストラをバックに、世界を制する表現力豊かな迫力の歌声が響いた。

 クイーンがこの曲で痛みを和らげたように、ディオンはマネージャーでもあった亡き夫を追悼し、会場のオーディエンスを圧倒。観衆は総じて目を潤ませていた。

 しかし、これだけではなかった。アイコン・アワードを受賞する際、彼女は実の息子レネ・チャールズが出てきてプレゼンターを手伝ったのに驚かされたのだ。セリーヌ・ディオンはファン、自身のチーム、レーベル、そして最後に“天国からずっと私を見守ってくれる愛する夫”レネに感謝を述べた。

関連記事リンク(外部サイト)

セリーヌ・ディオン、活動休止の理由だった夫が長い闘病生活の末死去
セリーヌ・ディオン、夫の看護など休業を経て遂に復帰
セリーヌ・ディオン 来日公演を全日程中止、今後の活動も無期限中止を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。