ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【METROCK 2016】サカナクション、ゲス乙女、BAWDIES…豪華ラインナップで繰り広げられた都市型フェスの初日公演をレポート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年5月21日、22日の2日間、東京・新木場若洲公園にて【METROCK 2016 東京】が、行われた。本記事ではその初日公演の模様をレポートする。

 初日には、映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』から、長瀬智也演じるキラーK率いるバンド地獄図(ヘルズ)が、オープニングアクトとして登場した。「日帰りで地獄からやってきました」と、鬼のメイクを施したメンバー達は映画の主題歌を披露、主演の神木隆之介も登場し、「関大介です。なんかすみません…。ポカ-ンって感じですよね? 僕、サカナクションを見に来まして。高橋優も好きなんですけど。」と劇中の役に扮し、午前からスタートしたステージにも関わらず詰めかけた大勢の観客を盛り上げた。

 本編のトップバッターとして場内最大のステージ、“WINDMILL FIELD”に登場したのは、下北沢からやってきたバンド、KEYTALK。「パラレル」からスタートし、中盤には5月18日にリリースしたばかりの新曲「MATSURI BAYASHI」を披露、「桜花爛漫」や「MONSTER DANCE」等、おなじみのアップチューンで会場を躍らせた。

 会場中央に位置する“NEW BEAT SQUARE”では、ウソツキや夜の本気ダンスらがアクト。トップバッターには、昨年活動休止を発表したthe telephonesの石毛輝と岡本伸明の新バンド、lovefilmが登場した。今回が2度目のライブという彼らは音源すら未だリリースしておらず、未知数の中でも会場には沢山のファンたちが詰めかけた。石毛輝が創り出すメロディーと、出演も参加も初めてのロックフェス参戦という江夏詩織のメインボーカルが、初々しくも、ポップで爽やかなサウンドを響かせていた。

 そして今回初登場にして堂々のアクトを魅せたのが、Shiggy Jr.だ。炎天下の中、「サマータイムラブ」や、新曲の「恋したらベイベー」とポップチューンを立て続けに披露し、会場を熱気で包んだ。「かわいいー」、「カッコいい」という声が聞こえる中、最後に選んだ曲は「Saturday night to Sunday morning」。ハイトーンボイスが特徴的なボーカル、池田智子の“Saturday night”に対し、男性客が多く見られたオーディエンスからは低音が目立つ“Sunday morning”が返る。ファンとの掛け合いを大事に、最初から最後までハイボルテージのままライブは終了した。

 甘い声で観客を魅了したポップバンドのShiggy Jr.とは対照的に、ハスキーボイスとロックなギターサウンドで観客を引き付けたのはGLAM SPANKY。「褒めろよ」ではそれが特に強く見られ、ギターをガンガン掻き鳴らす亀本寛貴と、妖艶な松尾レミの掛け合いが最高にカッコよかった。強烈なサウンドに加え、メッセージ性も強い彼らの曲。心配がゆえに音楽の道を進む松尾の夢を応援してくれなかった大人に対する思いを吐露した「大人になったら」でライブを締め、ハードなロックからメロウなナンバーまでこなす、バンドの楽曲の幅広さを見せつけた。

 午後1番の“WINDMILL FIELD”には、メトロック出演4年目となる、KANA-BOONが登場。「なんでもねだり」から始まり、「机上、綴る、思想」、「革命」、「ランアンドラン」など攻めのラインナップで盛り上げ、不動の人気を誇る王道ロックの成長した姿を魅せた。

 10代から絶大な支持を得るSHISHAMOや、エモーショナル・ギターロック・バンド、BLUE ENCOUNTらが熱いライブを繰り広げた“SEASIDE PARK”には、THE ORAL CIGARETTESも登場。「気づけよBaby」からスタートし。「mist…」、「起死回生STORY」などを披露し、アグレッシヴなサウンドを響かせた。

 午後3時、“WINDMILL FIELD”には、THE BAWDIESがオン・ステージ。「SING YOUR SONG」のコールアンドレスポンスで1曲目から観客のテンションを上げると、「IT’S TOO LATE」、「ROCK ME BABY」などダンスナンバーで盛り上げる。流行のサウンドではなくとも不動の人気を得るロックンロールで、最後の1曲「HOT DOG」まで観客を躍らせ続けた。また、日が暮れてきた頃には、ゲスの極み乙女。が登場。「キラーボール」、「無垢な季節」、「私以外私じゃないの」、「オトナチック」などヒット曲を次々と披露。途中雨が降ってくるハプニングや、Vo.川谷絵音の喉の不調がありながらも、最後の「ドレスを脱げ」まで全10曲を見事に演奏しきり、実力を見せつけた。

 突然の雨に驚かされたが、開演前には雨もすっかり上がり、多くの観客がサカナクションのステージに準備万端。誰もが首を長くして待っていた中、「ミュージック」でライブがスタートした途端、フィールドがダンスフロアへと変身した。「アルクアラウンド」や「夜の踊り子」が続き、「SAKANATRIBE TRANCE MIX」ではフロントマン山口一郎が振り回すライトスティックが“METROCK”に点滅。山口の「踊れー!」の声に、さらに地面が揺れた。「アイデンティティ」、「ルーキー」などを披露し、観客を休ませることのないサカナクション。そして、お待ちかね、「新世界」のイントロが流れると、歓声が一気にヒートアップ。ステージバックにそびえ立つ風車や両サイドに掲げられた幕に“新世界”の文字が緑色にライトアップされるなど、凝ったサプライズでオーディエンスを楽しませた。ここで終わりかと思いきや、バンドはアンコールのため再登場。最後に1曲「aoi」を披露し、十二分のステージパフォーマンスで1日目を締めた(ライブレポート後編は後日アップ予定)。

◎公演情報
【METROCK 2016】
2016年5月21日(土)~22日(日)<終了>
東京・新木場若洲公園

cMetrock2016

関連記事リンク(外部サイト)

Crystal Kay&Little Glee Monster集結!LINE MUSICの1周年を祝うスペシャルイベントの出演アーティスト決定!
【Salyu Live 2016 Sonorous Waves】にAimer、片平里菜、HARUHIが出演
ナオト・インティライミ “胸キュンスカッと”テーマ曲を7/6シングル発売決定!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP