ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

各国のカカオ豆を試食しながら選べる「ビーントゥーバースタンド」が銀座にオープン(6月1日)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!

“製作工程”を試食


「Minimal 銀座Bean to Bar Stand」は、渋谷・富ヶ谷にあるビーントゥーバーショップ「Minimal」の新業態で、コンセプトはカカオ豆の違いを気軽に楽しんでもらうこと。焙煎から、チョコレートになるまでの工程で変化していく味を体感できるのが特徴です。

店舗面積は8坪で、グレーを基調にした都会的なデザイン。壁に描かれた産地がわかる世界地図を見ながら、店内中央のカウンターテーブルで各国の豆を試食。イートインのある富ヶ谷店とは違い、テイクアウトのみですが、幅広い選択肢から選べます。

4段階に変化する
味の違いが楽しめる

目玉の試食では、下記4パターンの豆が味わえます。

1. 焙煎したてのカカオ豆

2. 1を砕いたカカオニブ

3. 2をすりつぶしてペースト状にしたもの

4. 3を冷やして成形したチョコレートの完成形

スタッフと会話しながら選び、気に入ったら購入!豆の違いによる味の変化に驚くそうですよ♪

世界3大陸、15カ国以上から買い付けているカカオ豆を使用したタブレット(板チョコ)や、3種類のミニサイズが選べる「テイスティングセット」、ギフトボックス、富ヶ谷店で限定発売していた焼き菓子「カカオニブ メレンゲ」の取り扱いもアリ。

アイス、ドリンクには
カカオニブのトッピング

カカオ豆とミルク、砂糖、はちみつで作るチョコレートアイスは、板チョコ同様、豆の味わいごとにカテゴリ分けされています。

ナッツのように香ばしい「NUTTY」、果実のような酸味の「FRUITY」、スパイスやハーブのような個性的な香りがする「SAVORY」、常時6〜7種類の風味が選べます。

そのほか、カカオ果肉をしぼったトロピカルジュースのような味わいの「カカオパルプジュース」や、「ホットチョコレート」などなど。おみやげにも良し、ちょっと一息つくにも◎。カカオニブを無料でトッピングできるなんて、専門店ならではですよね!

【店舗概要】
Minimal 銀座Bean to Bar Stand
・住所:東京都中央区銀座3-8-13 光生ビル1階
・電話:03-6264-4776(6月1日開通予定)
・営業時間:11:00〜19:00
・定休日:月曜日
・公式HP:http://mini-mal.tokyo/

Licensed material used with permission by Minimal

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP